米麹

昨日の14時に34度にセットをして、米麹つくりを始めた。
今見てきたが、麹の甘い香りがしていた。
楽しみだなぁ・・・・・・
何でも新しいことを始めるのは大変だが、
楽しみでもある。48時間なので、明日の午後に出来上がる。

米がコシヒカリなので、ねばっこい、ということで、
そのことのみに、気を使っていたが、
どうも、硬いようだ。

今度はもち米でやってみよう・・・・・・・・・・・6:10
スポンサーサイト

米麹

昨日米麹を作る機械を買いました。
今日ネコちゃんが持ってきます。
早速、「お母さん、手伝ってや。」ということです。
雨が降れば手伝うのですが、雨が降りません。
パッチワークも雨が降らないので、できません。
二度寝をやめて、やりたいのですが、
体は、休みたいと言います。
昨日も、夕方にパッチワークをしていたら、
吐き気がしてきました。
まだまだ疲れが取れていません。
さぁ
今日も畑です。
頑張ろう・・・・・・・・・・・・・6:35

雨が降らへんし、水やってくる。
とお家を出た。
まてよ(阪神の投手ちゃいまっせ)
今朝、午前は雨といってた。
娘に「洗濯もん気をつけや」とでんわ。
少しだけ、雨が降る。
草引きをする。
アスパラ
アスパラさん。
夕食だそうです。・・・・・・・・・17:36

3月に種を蒔いた、アスパラさんが可愛い芽を出しました。
一度ポットに取り育苗のようですが、
梅雨にそのまま植えようかと思っています。
早生のたまねぎを栽培していたところの、草を引き
肥料を入れて、管理機と言う小さな耕耘機で耕してもらうつもりです。

さぁお風呂に入って寝ます。
阪神が強いので、8時には寝ることができません。・・・・・・・・・・・・18:00

パパとドライブ

久しぶりに車で20分くらいの所にパパと、
加工品の出荷に付き合う。
「たまには社長が来いよ」というのと、
同業者に出会えるのと。
帰りに、春の作業でお世話になった方に、
お給金を支払うためだ。
餡入りヨモギ餅をお土産に行く予定。
多分往復で1時間くらい。
今から、二度寝をして、7時に起きて、
20分出発。
することがあると言うことは幸せなことだ。
ありがたいことだ。
今日も畑。
カメラを持って行こう・・・・・・・・・・6:00

ところがカメラを忘れた。
今朝は7時20分にお家を出て、パパと「神戸マルシエ」の出荷。
パパの言い分が良くわからないが、8時までボーっと待つことに。
マルシエのドライバーのお姉さんに「米麹」の事を尋ねる。
「クーラーボックスを持ってくるので、出荷してください」とのこと
夕方に米麹を作る機械をネットで注文。
(まだ、機械を買うんですこれから)

いとこの所により、弟の所に。
ついおしゃべりをして、帰ってきたら10時。

午後カメラを忘れて、スマホの写真です。
夏野菜1
昨日とその前の日に夏野菜を植えました。

2人参
人参です。除草をしました。

2大根
夏大根も除草をして土寄せもしました。

1ごぼう
ごぼうです。
昨年まで水稲を栽培していたので、
畑には土が悪いですが、頑張って育てています。

 今日も力いっぱい働いた。
お風呂に入って寝ることにしよう。
パッチワークは、赤ちゃんのはいはいのスピードで、
進んでいます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18:12

普段の生活

加工の仕事が始まった。
また朝早くに起きて、5時に配達して、
いつもと違うところは、帰りに苗を車から降ろしたことだ。
大きな車が行き来するので、ランプをつけて、・・・・・
帰って来たのが、いつもより10分遅い。

ご飯を食べて、リンゴも食べて。
さぁ
二度寝。

今日は夕方に55枚の配達。
雨模様で、そんなに水はやらなくても良い。
ゆっくりするべ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:12

ゆっくりしたけれど、
わんこが急に元気がない。
どうしたんだろう。ご飯を食べない。
自分でものを言わないから・・・・・
困ったなぁ・・・・17:09

ヨモギ餅

昨年よりも一か月以上遅く、今朝から
(先週の金曜日に試験的に出荷したが)
本格的にヨモギ餅の出荷だ。
朝起きて行くと蓬の香り・・・・
我が家の加工所には、遅い春が来ました。
しかし
お外は今日は真冬です。
といっても、雪予報だった5時ごろですが、細かい雨が降っていました。
気温は3,5度。
霙でもなく雨です。雨水と言う季節なんですね。
俳句をやってると、このような季節の言葉に敏感になります。
話はそれますが、
三月のあまなっとうのうふふふふ   この句が好きです。
うららかな春を感じます。
春は本当は、嵐のようなお天気が多いのですが、
うららかな日が、だから より心に残っているのでしょうか。

中学生だったと思います。
高い山に登り祖父と、きこりをしていました。
お家にはガスも無く、煮炊きもの、牛の餌、お風呂の全てを
槇でたいていた頃の事です。
我が家は自分の家に持ち山が無く、近所のお家の山の
雑木を切って、
そのお家は杉とか檜を植えられるのですが、
切った雑木を頂いていました。

春休みだったと思います。
直線にして4キロほどの所で、大火事になりました。
火の粉が上がるのが、良く見えました。
恐ろしくて・・・・今も忘れられません。

私の春は、あの日の強い風と火の勢いなのです。・・・・・・・・・・・6:33

水稲苗の注文は、12月末にカレンダーと共に、各家に配るのです。
お返事は早い人は次の日に届く。
ずるい人が一人だけいて、たぶんこの人はどこに対しても、
そうなんだろうと想像する。

二年くらい前に、もうよう作らん。と怒った。
それで昨年は、早くに返事が来た。
今年は、お電話は掛けないで、作らないつもりだった。
ところが今日ハガキが来た。
腹が立つ。
「締め切りは、1月末です。よう作らん」と言うのは簡単だ。
しかし・・・・・
とりあえず、電話だけはしてみよう。
腹が立って仕方ない。しかし お金儲けだ。
我慢して電話しよう。
それにしても、こんな人は救いようがない。
ずるいのだ。・・・・・・・・・・・・・16:52
プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード