名前のこと

今 丹波新聞を見ながら、パソコンを立ち上げた。
丹波新聞は、丹波市と篠山市と地元出身者の契約されている人に配布。
月に1200円余りで日曜日と木曜日に届く。
専業主婦時代は、地元の事なんて何の関心もなかったが、
起業して仲間が出来て、
そして最も大きな理由が、土地利用型農業の仲間たちが
一人一人掲載されたのだ。おそまきながら私も。

今「ほーはー」と思いながら目を通していた。
そしてたどり着いたのが「お悔み」の名前。

30年近く前に「この指とまれ」というミニコミ誌を発行していた。
「もっとお年寄りかと思った」とよく言われた。
何故かと言うと「ちよえ」という名前のせいだ。
この名前は、お祖父ちゃんが付けたようだが、今となれば
大正生まれの名前だ。

先ほどのお悔みに掲載されている90歳以上は、
このような名前だ。

両親を選べないのも、名前を自分で付けられないのも、
宿命だ。
「おかしな名前」ずーっと言われてきた。
何故「子」のつく名前にしてくれなかったのか・・・・・

だから 普通の人生を歩んでこなかったのか・・・・・・・・・

先日、テレビが「引きこもり」のコーナーで
「価値観が多様化した中、誰の価値が普通なのか」と言っていた。

私の価値観は、確かにその他大勢とは、違う。・・・・・・・・・・・6:28

私は、確かにお勤めはしなかった。
大阪で鉄道弘済会と言うところで働いていた。
第一子誕生で、こちら丹波に帰って来た。
退職した。
子供が生まれて、当たり前のように働こうとした。
長田野というところに工業団地があった。
ナショナルの「ストロボ」の会社を見学に行った。
流れ作業をしておられた。
これはあかん。好きなナショやけど、こんなことはできひん。と思った。

そして
スーパーの西山というところで働いた。
第二詩誕生で、止めた。
母が亡くなり、子供たちの事もあり専業主婦に。
ずーっと思っていたことは「起業」だった。
1時間1000円で働くことはどうしてもできなかった。
楽して儲けること。
それが「農業」だった。

だから言ったでしょう。価値観が違うって。

私は、この「農業」という仕事が楽しくて仕方ない。

種を蒔けば芽を出す。葉が出て茎が出来、花が咲き、実が実る。
もっとたくさんならして、もっと美味しく。

茄子は紫の花をつける。
パプリカは花が咲いて60日くらいたたないと、色がついてこない。
そんなもろもろが楽しい楽しい。

今日の午後は、田圃で、明日のお客さんのお土産に置いている、
真っ赤なトマトを、小さいのを一個食べた。
手でちぎり、エプロンでさっと拭き、がぶり。美味しいぞ。

楽しく働いて、お客さんにありがとうと言っていただいて、
お金を頂いて、こちらこそありがとうだ。

価値観が違うから、あなたにはわからない。・・・・・・・・・・18:56
スポンサーサイト

今年の上半期の思い出は

なんと言っても新人君。
この頃は自分の道を歩き始めていて、
我が家にやって来ない。
45歳にもなっているのだから、自分と言うものを持っていて当然です。
が、私は振り回された感があり。

「出て行きなさい」と言うよりも、
自分から出て行ってくれたら、私に責任はないから。

私の、儲け主義の農業で無く、
安心安全な農業が良いらしい。

私のやり方は、害虫を見つけたら、
薬で殺す。
彼は、木酢のようなものをかけているみたい。
このやり方だと、
害虫が来る前に来ないようにする。から
たくさんの面積は栽培できない。

梅田とかで食事をすると、
「このお野菜は・・・有機栽培されたもので」と言われる。
どこまでが有機なのかわからないが、
その有機栽培されたお野菜を、抗生物質の入った、
味付けのもとで調理されていたらなんにもならやろ。ということです。

私の有機に対する考え方は、
戦前、オール有機で栽培されたものを食べて、
その人たちは病気にならなかったのか。

安心安全でも、西の方からPm2.5とやらが飛んで来る。
周りには、半調理食品が溢れているではないか・・・・・・

最小限農薬を使って、美味しくて食べやすいお野菜を
たくさん栽培する。

お金儲けをしないと、農家も生きて行けない。

たとえばお店を持って、家の裏で有機栽培の
お野菜を栽培して、
そのお野菜を化学調味料で味付けをして、
まぁそんなことでしょう。

安心安全な有機栽培なんて、私から言わせると
「自己満足」でしかないと・・・・・・

でも
新人君はその道に行く。というこので、
それはその人の行き方。

自分で選んだ道を行けばいい。

ごんべな私のはなむけの言葉は、
「まぁ私の半分の量も収穫でけへんて」・・・・・・・・・・・・・・・

 それぞれの人間にはそれぞれの生き方がある。

彼もまたそうだ。頑張れ新人君・・・・・・・・・・・・7:15

のんきにブログを書いていたが、
今日は西宮からお客さんが来られた。
次男さんがお野菜大好きで、自分でも育てているとか。
しかし
アブラムシにやられているようだ。
「実がならへんねん」
今年はもう回復しないので、来年に向けてのアドバイスをした。
今日の目的は、ジャガイモ堀。
次男さんが楽しそうに、掘られた。
娘が「癒しやろ」と来られるのを楽しみにしていたけれど、
本当に、きちんと育てられていて、
本当に、気持ちがいい。
「お母さんが怖いんや」と、言っておられた。
その事って大事です。
もう亡くなられているけれど、おばあさんとお友達で、
おおらかな、そのくせ厳しい方だった。
長女さんは、良い所を受け継いでおられる・・・・・・・・・・

「午後は雨予報だから、早く来てね」

本当に12時きっかりに雨が降り出した。
9時スタートだったので余裕でした。
よかった。楽しかった。
また明日から頑張ろう・・・・

西宮かな芦屋かなの有名な焼き菓子も頂いた。
嬉しいなぁ・・・
「焼き菓子なので、賞味期限はありますよ」と言われた。
娘と楽しんでいただくことに・・・・・・・・・・・・・・・・17:45

欲の塊

鳥さんを追いかけて写真を撮られている、同郷の方は、
欲が無いなぁ・・・感心する。
小鳥さんの可愛いしぐさを見ていたら、
なんにもいらんわ。と思うのだろうか・・・・・
さて 私ときたら、
野菜たちを育てて、売ろうとか、どうして食べようとか。
そんなことに夢中だ。
今朝は、草刈りをして、スイカさんに敷いてあげようとしています。

ところで
今年は、冬が寒くて、もち米が3袋90キロ残りそうです。
30キロ玄米単位で、5000円で買って下さる人ないかなぁ・・・・
お米は捨てられないし、9月末には新米が出来るので、
もしも
お米の卸に持って行くと、5000円くらいだと思うのです。
昨年 うるち米は4600円くらいだと同業者が言ってました。
送料は1000円かかります。
毎年
収穫したお米を一年でプラマイゼロにするのは、簡単なようで
難しいです。

ワンの散歩が帰ってきました。
二度寝をして、草刈りです・・・・・・・・・・・・・6:20

5月と言えば

テーマにありました。
5月と言えば「バースディ」です。
69歳になりました。ホンマかいな69歳。です。
ところで
奈良のnanamiさん、久しぶりに覗くと、また復活されています。
沖縄やハワイに行かれるとか。
私は、ほんま、あまり旅も好きでない。
俳句が始まってます。また・・・・・・・・・・・6:40

私ってうろうろしない。
今回町内を苗配達で走り回っていると、
新しい建物がある。
国道沿いだ。
私って、いつからこの道を、通ってないのだろう。
なんて思いながらの配達。
そういえば、私は、月一の病院と、週一のパッチワークだけだ。
他は、畑にしか行かない。
それで十分満足だ。
スーパーは好きでない。食料品はスーパーでしか買えないが、
我が家はコープコーベの戸配を利用している。
野菜などは、新鮮でおいしい。
これで十分満足だ。

ところで
今日で、水稲苗はすべてなくなった。
先がたに、ハウスを閉めて、ありがとうしてきた。
パパは、水を引いていたパイプを持って帰って来た。
後は、皆さんに来ていただいて、
ハウスのビニールを下ろすと、全てが終わる。

ご苦労様。ありがとう。来年も何事も無くできたらいいなぁ・・・・

「今日は母の日。お母さんなんにもこうへんね」と娘。
プレゼントは来ないけれど、
連休に思い切り手伝ってくれた次女と。
介護をしてくれている長女に、こちらがありがとうだ。

思い切り好きな事をしています。
毎日がありがとうです。・・・・・・・・・・・・・・・18:03

普段の普通の事

今日は私のお誕生日です。69歳になりました。
5時半ごろ、妹よりメールが届きました。
忘れていたんですよ。うふふ。

先日。
「お母さん、ユニクロのブラウスいるか」
「ピンクとオレンジ」
今日は、夏なので着ることに。
小さなボタンがたくさんついている。
くちゃくちゃと止めて行く。
ふと気が付いた。
このような細かいことが、いつまで普通にできるのだろう。

二日前に同級生が、苗箱を返しに来て、
「親の介護をしていたら、自分の行く道だと落ち込む」と言っていた。
3人のお子さんは結婚してなくて、
時代を反映しているなぁ・・・と感じた。

折しも今日はお誕生日。
今を大切に、生きて行かなくちゃ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:20

トマト花
今年も昨年と同じように、フルティカをお家の前に植えました。
全部で10本。二本仕立てにするので、20本。
大きなトマトが要らないくらい、良くなります。
楽しみです。

苗の配達は、明日、朝と夕方。
それと、11日と13日で終わりです。
今日だけ頑張ろう。明日は少し楽だ。
みたいなことを繰り返し、今日まで来た。
5月2日の午後から忙しくなった。
今年は、弟と新規くんがいた。
助かった。本当に助かった。
嬉しい。さて
10日は俳句だ。頑張ろう・・・・
10歳年上の、なんでもよくできる賢い人が、
足を骨折とか、これないようだ。
ある意味寂しい。早くよくなられるといいのに・・・・・
この年になると、転ぶとあかんようだ。
気をつけると言ってもなぁ・・・・・・・・・・・・・・18:28

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード