パパはお出かけ

今日はクラス会。
車のカギが無いと大騒ぎ。
どうもお洗濯したようだ。
ははは、ざまあみろ。私しゃぁ関係ない。
軽トラックしか乗らない。もん・・・・

でも
修理にまたお金かかる・・・・・・
年取るとは、こういうもんだ。

動いたようだ。
よかった。修理代助かった。
そういう問題か。・・・・・・・・・・・・6:15

薄曇りの嬉しくなるようなお天気。
EMの米ぬかぼかしを乾燥するために、
広げて、たまにかき混ぜながら・・・・・・・

パパはちょうど10時に、出て行った。
私は、ふきのとうをを取ってきた。
IMG_0404.jpg

湯がいて水にさらして・・・・・
昨年作った黒豆の味噌でふきのとう味噌を作った。
味噌は、塩が多すぎて塩辛くて失敗だ。
捨てようか。と悩んでいる。

さぁ・・・・
午後は娘と昼寝かなぁ・・・・・・・・・・11:18

午後はサツマイモを蒸した。
今頃になると、水分が飛び、とっても甘い。
気温は15度以下になってないから、寒さは関係ないと思うけれど、
甘くておいしいのだ。
娘はパンに入れて焼くようだ。
私は夕食に食べる予定。

パパが帰って来て第一声が
「ホテルは高いだけで、美味し無いのう」
クラス会の食事の事だ。
「文句言うなら行くな」と思う。

私は昔から好きでない。
ほんまに出席しない。
幹事さんには悪いが、ホンマ行かないなぁ・・・・

60歳の還暦の時行くと
「あんた、儲けとるそうやなぁ」と声をかけた人がいた。
地元では頑張っている方だ。
しかし
そんなことは、大したことではない。
女性は、旦那と孫の話だ。

良く考えたら、私って何を楽しみに、何を思って
今日まで来たんだろう。

普通で平和が一番幸せなのに・・・・・・・・・・・

全く話はそれますが、
ケネディが大統領になった時に、
ジャクリーンが「ホワイトハウスの壁にかける絵を、全て自分の好みのものに
架け替えた。
と新聞か何かで読んだ。

薄暗い藁ぶき屋根のお家の裸電球の下で生活をしていた。

「そうか アメリカのお家は壁に絵を飾る場所があるのか。
どんなお家なのか」

あれから半世紀。
我が家は今、ちよえちゃんが作ったタペストリーが
かかっている。

ある意味「裕福」に夢見てきた。
いつも何事にも、「一生懸命に生きてきた」
そんな私は、10代の頃に戻って、クラスメートと
話すことを、あまり好まない。
何故だろう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17:15
スポンサーサイト

パパは病院

二か月に一回だった、病院の診察が、いつからか一か月に一回になった。
少し悪くなっているのだろうか・・・・・
数字的には、この二年間変わっていないように思うのだが・・・・

今日も、数字的には先月とほぼ同じ100分の2だけ良くなっていた。

帰りにスーパーにより
バナナとカットのパイナップルと菓子パンやゼリーや・・・
と大きな袋いっぱい買って帰って来る。
「ちよえちゃんたべてな」と言う。
自分はバナナが大好きだけど、カリウムが多いので食べられない。
私や娘が食べるのを楽しみに買ってくるのだ。
私は、バナナは好まないが仕方ない。食べてあげる。

もうすぐ70歳。
3割負担で、二か月に3万だった、診察費と薬代は、二万になる。
一か月だと、薬代は安いのだろうが診察費は、
かかるのだろう。
お金のことは聞かないが、
彼にとっては「高い」事だと思う。

それでも嫌がらずに行ってくれることは嬉しいことだ。

こんな日がいつまで続くかわからないが、大切にしたいと思う。

夕方、例の元農協の部長から電話があった。
「来年は苗を作ってほしい」
「あんたが計算して損をしないように、お金を出して・・」と言う。

私の普通のお客さんは、田植えの日に、
田圃の土手まで配達するのだ。
しかし彼は、育苗機で二日たった、二三ミリ芽が出た苗が欲しいという。

お客さんの中に、育苗機で4日たってハウスに並べるという人がいる。
この苗一枚470円なので・・・・・・
計算していると、パパが「またうまいこと言われて利用されて・・・」と言う。
公務員的発想だ。
利用はされていない。買ってもらうのだ。
お互いが、損をしないように、良かったといえるように・・・
考えてるのだ。
パパには、毛頭そんな発想がないのだ。
私からしたら、パパは可哀そうだと思う。
しかし パパからすると、私は「バカ」なんだそうだ。
そんなパパ。
もうすぐ、結婚記念日だ。45回目だ。・・・・・・・・・・・・19:31

公務員

マイパパは、元国鉄の職員だった。
3公社5現業という準公務員。

本当に、
この世の中いろいろだと思うのは、
このパパが、仕事が嫌で仕方ない。
パパの姉が「真面目だけが取り柄」と言われていたが、お勤めは
真面目にこなしてくれた。
あの、震災に日も、3つ先の駅で夕方まで、列車の中にいたようだ。
「今日は出社だからどうしても行かなくちゃ」と思っていたようだ。
(あの日、そんな人は多かったが)

私が、この週末までにやり終えないと、と、
黒豆を実にしている、傍で、話しかけに来る。
「手伝って」というと、「いやや」という。
私がこんなに頑張っているのに「嫌や」という。

もちろん
無理に手伝ってくれとは言わない。
余生だから、好きな事をすればいいのだ。

この世の中には、仕事の嫌いな人がいてるなぁ・・・・
と・・・
娘も「お父さんに手伝ってもらうくらいなら、一人でやる」という
「嫌そうに、のろりくらり・・」というのだ。

そんなパパの生き方も、認められるようになったのは、
年のせいかもしれない。・・・・・・・・・・・18:40

パパ

起源は、パパがこのお家に養子に来たころにさかのぼるだろう。
可愛そうにこんなところに来て。
と思って甘やかしすぎたのかもしれない。
少なくとも娘たちは、そう言う。

3日前に、朝、丹波太郎に加工品を持って行って、
150円で6個入りの柿を買ってきた。
まだ我が家の柿は青いし、食べたいなぁ・・・・
と 思ったからだ。

我が家になっているものなので、柿を買うなんてことはあまりないが、
150円だったからかもしれない。

帰ってきたらパパが
「なんでお家にあるもんを買ったんや」と何度も何度も怒鳴りつけた。

「そうなん。わかった」

そう言って以来、この3日で必要な会話を「みこと」位交わしただけだ。
今日も先ほど次女が7時15分ごろ帰って来るので、
「お母さんは、先のお風呂に入るんやで」と長女が言うので、
「お父さんに言うてくわ」

「あなた、私は、6時50分にお風呂入るから、それまでに開けてや」
(先に入るんやで。ということ)
と言っただけだ。

娘が「お父さんそれはあかんわ。自分は欲しいものいっぱい買うて。
お母さんが150円のもの買うたったいうて、
そんだけ言うたら、あかんわ」と
何度も何度も繰り返した。

私は、食べる物は、あまり関心が無い。
命が繋げたらよい。という考えだ。

子育て中も、教育費にお金をかけて、食費は低かった。

今は、パパが、パンだの、果物だの、と自分は食べたらあかんのに
買ってくる。
「食べられへんから、欲しいのだろう」と
「可哀そうに」と思っていたのだ。

そんな中、今回の事件は起きたのだ。

お母さんが、老人ホームで、嫌われていた。

そっくりになって来たなぁ・・・・

自分に甘く他人に辛い。

まぁ当分、口を利かないで、少し反省すればいい。

団塊の世代やそれよりも上の男ども。

世の中は、進化しているよ。

間違っていることは、間違いだと、気が付かないと、
自分が損をするんだよ。

奥さんや娘を怒らせて、得なことは一つもない。

娘も何故か無視をして、パパは本当は可哀そうなんだ。

誰かさんの歌にあったように、
誰かさんが我慢をして、幸せは築けない。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18:20

パパと娘

一番よく使うのは、私のような気がするけれど、
お出かけするのは、パパと娘だ。

先日の九州旅行に娘のカメラを借りて持って行ったけれど、
どうもうまく行かんかったようで、カメラを買うだんどりをしている。

前から二人で「買おう」というのだが、
二人の意見が、そろわない。

パパは2.3万の安いのでいい。といい
娘は、12.3万するんや。という。

私が思うには、あの娘あれで結構ちゃんとしている。
豊中の友人や奥様までもが、こうてくださっているが、
「そんなことないわ」と思っていたけれど、そんなことあるんや・・・・・・・・・・・

この際、娘に従って娘が言うのを買えばいいのだが、
頑固なパパは、そうはいかない。

それで ここ2、3年二人でもめているのだ。

私は、写真は撮るのも撮れるのも好きでないので、カメラにこだわったりしない。

この論争、いつ決着がつくのだろう。

私なら「即決」なのになぁ・・・・・・・・・・・・・・・・7:43
プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード