早春賦

春は名のみの風の寒さよ。

毎朝、パソコンを立ち上げて、ブログのページを立ち上げる。
そこで、ふっと浮かんだことを自然体で書く。

今朝は、「風の寒さよ」だった。

ところで
4月の始めから、パッチワークは封印だ。
タンスの奥にしまっている。
本を出してきて、見ることも無い。
仕事に集中しようとしている。
しかし
ipadのゲームは毎日にようにやっている。
何も考えないで、ちょうどいい。
しかし
これも封印しようとしている。
後、5月14日ごろまでの20日間。
やはり仕事に集中しよう。
25歳の頃、地元のスーパーで働いていた。
レジにいて、全ての商品の値段を覚えたものだ。
たった50軒ほどの、お家の注文が覚えられないはずがない。
娘も、暗記だと言っていた。
配達日と枚数とお薬と・・・・
よしその意気込みで、頑張ろう・・・・・・・・・・・6:00

今日は新規さんの田んぼで肥料を撒き。
といっても苦土石灰とか・・・・
午後にパパに畝立をしてもらって、しょうがとこんにゃくを
植えた。
パパが、肥料撒きの桶を見て
「なんでかしたげるんや。買えいうとけ」と言った。
このケチ。
そこで
思いついた。
私は、パパの正反対の生き方をしよう。
何度も書いてきたが、この仕事を始めて
「苦」の道と「楽」の道があった時、「苦」の道を選んで
歩いてきた。
これからは、
言葉が見つからないが、奉仕と欲(この二つは
反対側にありますか)
他人に施すこと、喜んでいただくこと。
ご希望に添えること・・・・
自分の欲よりも、他人のことを考えて歩いて行こうと・・・・・
うまく行くかわからないが、
「あの人だったら、どう思うだろう。どちらを選ぶだろう」
残りの人生を、周りの人たちのために生きられたら・・・・
絶対にそんなことはできないと思うが、
思うだけでも思っていよう。
80歳になったころ、もしも生きていたら、
今よりも素敵な女性になっているかもしれない。・・・・・・・・・・・・20:07
スポンサーサイト

前を向いて

悲しみは、悲しみとして、前を向いて歩いて行こう。
生きて行くことは大変なことだ。
何もないことの「幸せ」をあらためて感じる。

子供の頃何をして遊んでいましたか。
とありました。
即思い出したのが「ゴムとび」
わかりやすく言うと、
輪ゴムを5m位繋いで、
鬼の二人が、高さを腰の位置、とか胸の位置で持ち
飛び越える競技だ。

・・・・・・・・・・・・・6:10

午前は警察に免許証の更新に行ってきた。
視力検査と証明写真を同じ人が担当。
若い女性だ。
待っている時に、若い男性が来られた。
「明石ではないのですか、あびこ(?だったかな)まで行くんですか」
「今から行っても帰りの電車があるかどうか・・」
その女性はとっても丁寧に親切に対応される。
私、まってんねんけど。
しばらくして、その男性は、待たされて、
視力検査が始まった。
やれやれ。
私の前に男性が一人、「右、左・・・」順調だ。
「青木さん」読んでもらった。視力検査。
先に4人くらい視力検査をして、まとめて
写真を撮っていただいて、終わりだ。
ところが
私の次の方が、視力が足りない様子。
コンマ7まで見えないと駄目なのに、コンマ5までしか見えないとか。
また、くそ丁寧に説明される。
ああでもない、こうでもない。
住所変更で一緒に来た知人は、「散歩してくる」
あぁあ、今日はついてなかった。
私の前の男性に、
「今日はどうもついてないようや。また 待たされて」と愚痴っておきました。
人生いろいろありますねぇ・・・・・18:25

娘は名代

今日は加古川でお葬式だ。
娘が弟と参列してくれる。
私は、仕事で出席できないのだ。
「お母さん、悲しいの行きたくないなぁ・・」
仕方ない。

今日の仕事は、娘と弟がいない。
大変だ。
仕方ないなぁ・・・・・・5:28

お外は強い風それに強い雨。
嵐だ。
姪の気持ちのような雨だ。
心の思い一日が過ぎようとしている。・・・・・・・・・・・18:57

知人の死

その方は、平成元年ごろにこの地に来られた。
きっかけは忘れたが、奥さんと親しくなった。
JR甲子園口の駅3分の所に、ワンルームマンションを
持っておられた。
娘たちのために借りた。

奥さんが、5年くらい前に亡くなられた。
「青木さん、お医者さんは、私の事をどうしても
糖尿病にしたいようなの」
と言われていた。
足のすねの傷が治らないので、
おかしいと思い。何か病気を疑っておられたのだ。
別の病院に行くと、
「白血病と言われたの」
何事も無いようにそう言われた。
それは、とっても怖い病気だった。
半年くらいで亡くなられた。

それからご主人は一人暮らしだった。
もちろんだが、そのお家を訪れることはなかった。
また一つの時代が終わろうとしている。
悲しいとか辛いとかでなく、
「あぁ、そうなのか」としか感じない。
あぁ そうなのです。
賢くて気が付いて、何にも完璧で・・・・
そんな奥様とのお付き合い。
そして 傍で、黙って「ホット」を入れてくださっていた旦那さん。
・・・・・・・
人間には絶対に「死」が来るのだ。・・・・・・・・・・・6:33

今夜は、ハウスにストーブを入れて、今火をつけてきました。
そして
8時から3B体操です。
「お母さん疲れているし、朝早いのにどうするの」
と 娘が言います。
しんどいけれど、行ってきます。・・・・・・・・19:16

パン焼き器

「お母さん、パン焼き機がおかしいわぁ・・」
どうもくたびれたようだ。
「そろそろ買い時か」

我が家は、毎朝、パパがパン食だ。
「粉もんはひかえなさい」と言っても、聞かない。
せめて、と娘が、北海道産の小麦を買っている。
それでも、パンを買うよりも、安くておいしい。
私も、たまに「美味しそうやなぁ・・」と思う。
しかし
粉もんは、出来るだけ食べないようにしようと、
今日は、
雨なので出荷を控えた「おはぎ」と白餡餅の
餡の入っていない残りもんを冷凍したのがあり、
そのお餅に、黒豆黄粉と、ごまをつけて・・・・
酸っぱいキャベツとココナッツオイルで焼いたりんご。
コーヒーも、毎朝パパがいれる。
そのコーヒーを豆乳で割って。
コーヒーメーカー、買い替え時だ。

そうだ、パン焼き器。
昨日、おこめが10袋(30kg入り玄米)売れた。
ラッキーお金が入る。
そのお金で、「スミサンスイr育苗」という、灌水チューブ
を買うことに、久しぶりにネットを見ると、2万円になってる。
パン焼き機は今から「ヨドバシ」パナの新しいのを買う予定。
「姉さん、入る予定。で、つかわんと、入ってから使いな」
よく弟に言われたのを思い出す。
誰かさん(誰でしょう)みたいに、「貯める」のが趣味。
とは大違い。
ちよえちゃんは、「使うのが趣味」

さぁ
今日は、作業が無い。ハウスの苗を見て、
浸種の発芽をして・・・・・・
パパが「手伝って」言うとる。嫌じゃ・・・・・・・・・・・・・6:19

農協の元部長の苗がおかしいのです。
明日7時半に見に来るといってますが、
何故だ。原因が解りません。
「**さん**さん」と緊張したから、籾種が緊張したのかなぁ
笑い事ではないのです。
たぶん大丈夫だと思うのですが、
100点満点の苗になっていない。
困ったことだ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・18:16
プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード