初夏

先日までフリースを着ていた。
コットンのタートル(今はそう言わないのか)を出してきた。
しかし
昨日までは、風が冷たかった。
特に 蓬摘みなんて、動かないので、
フリースにダウン。
帰りの車の中は、温室だ。・・・・・・・・・

ところが
明日からは、20度を超える。
初夏だ。

おーい
春はどこに行った。
桜はまだ咲いていない。
ほんまに・・・
70年インプットされた普通の気温の訪れは
もうないのか。
今朝はマイナス0.2度。もの凄い霜だ。
水稲苗をハウスに並べていたら、
泣いていただろうなぁ・・・・・・

さて
明日、今年初めての種まきです。
準備やお買い物・・・・・・・・・・・・・・6:55

enndou.jpg
ピンボケですが、エンドウです。

negi_20170403180644f3e.jpg
玉ねぎです。

暖かくなってきました。
嬉しい、嬉しいです。
今日は朝から、といっても9時ごろから、
畑に行きました。
玉ねぎの除草をしたり、3月の中旬に播種した
お野菜の様子を見たりした。
まだ風が強くて初夏といった感じではないが。

午後は農協で、小芋やヤマノイモを植えるところの
肥料を買ってきた。
明日の午後に撒いてパパに畝立をしてもらおうかなぁ・・・・
風が強いと5日でもいいです。
嬉しい嬉しい春の訪れです。
今年は新規さんのこともあり、いろんなお野菜を
栽培予定ですが、体が続くかなぁ・・・

明日は水稲の種まき。・・・・・・・・・・18:15
スポンサーサイト

朝が来た

昨日の夕方、パパが車を前向きに入れてくれていた。
フロントガラスが凍っていた。
こんな事は、何年ぶりだ。
気温はマイナス0.4度。
良く晴れているので、もう明るくてすっかり朝だ。

高校生の事故。可哀そうに・・・・・・・
雪崩って怖いですね。

今日は今から悦ちゃんちで、ジャガイモ植え。
午後は、ハウスの準備。
忙しくなりそうだ。

ハウスの準備は、
ビニールを張ると、そのビニールを飛ばないように
押さえるのにマーカー線という黒い紐で止めるのですが
その紐140本をハウスに添って、1本の紐に結んでおきます。
その紐をよいしょっとハウスを来させて、結ぶのです。
その140本結ぶのを、前日までに一人でやるのです。
今日と明日と・・・・・・・・・・・

体力も気力も、失せかけています。
しかし
人生の終わりの頃に、これからが「本当の勝負」
かもしれません。
辛いし悲しいけれど、頑張るしかありません。

良く考えたら、楽しい時は誰だってできるのです。
仕事がきつく感じられて、悲しくなった時に、
頑張れる根性が、必要なのかも・・・・・・・・

死ぬ時に、あぁ私の人生楽しかった。
と思うために・・・・・・
残りの人生をどう生きるか・・・・・・

本当はそうなのだが、
どう生きなくてはならないか・・・・・・・・・
悲しい現実です。・・・・・・・・・・・・6:15

午前中はジャガイモを植えて、
二人で田んぼを見て、指導して(えっへん)
午後は我が家の仕事。
その前に、農業をやめられた人に、
一輪車とかを頂きに行き、
午後4時まで。
疲れた。
多分気が張っていたのだろう・・・・
娘に「これから忙しくなるのに、どないするん」

今から一番風呂に入らせてもらって、
寝ます。
夕食はあまり食欲が無く、良かった、体重減らせそう・・・・
葛根湯を飲んで寝ます。

明日は9時に我が家の仕事を手伝ってもらうことに・・・・・・18:21

春霞

昔の人は凄いなぁ・・・
どうして春はかすむのだろう。
今朝もリビングから見える畑は、霜で真っ白。
しかし お空はかすんでいます。
もやっと・・・
なんとなくだるい感じ。
春眠暁お覚えず。なんて言葉は、このダルそうな空気から
出た言葉カモ。

今日は今から注文のお餅をついて、発送の準備をして、
ジャガイモ植え。
「土が凍っとる」と娘。
「10時ごろやなぁ・・ちょうどいいやん」

今朝は、黒ゴマ入りのパンを焼いていてくれたので、
パンを食べた。
胡麻の香りがして美味しかった。
ごまは、まだまだある。
何とかしないともったいない。
腰を痛めてまでも植えたのに・・・・

この胡麻を食べて元の体にしなくては・・・・・・・・・・・7:21

良いお天気の今日はまたまた忙しい。
朝から胡麻。
途中でジャガイモ植え。
帰ってきたら12時を回っていた。
午後はヨモギ摘み。
帰って来て、娘が湯がいたり崩したりしている間に、
胡麻。
写真があるので、明日アップします。

夕方は、播種の準備。
計算は好きな方で、気にならなかったのに、
頭がこんがらかってきた。
まず苗の配達日を4/29から5/2まで、5/3から5/5まで、
というふうに、4つに分ける。
その必要枚数を出す。
4月29日だと4/4日に播種しようと決める。
しかし
5/3から5/5日の間が多くて播けきらないので、
前倒しで播くことに。
一度に1620枚播けるのだが、1995枚必要だ。
そこで 4/29日分で400枚以上
大目に播く必要がある。そのような計算をして、
播く日を決めて、そこから逆算して、浸種する日を決める。
一枚に何グラム播くか計算して、その枚数をかけて
浸種するのだ。
この計算が、頭が痛くなってきた。
あかんなぁ・・・お金儲けの一番大好きな事だったのに・・・・・・・
疲れた
お風呂に入って寝る。・・・・・・・・・・・・19:07

晴れが続くぞ

嬉しいなぁ・・・・晴れが続くよ。
しかし
お外仕事大変やなぁ・・・・

昨日は、新規に農業を始められる人と
初顔合わせでした。
お土産に「阿闍梨餅」を頂きました。
それだけで好印象。
何故かというと相手の気持ちがわかるやん。ということ。

農業がどれほどのもんかわかりません。しかし
もったいないなぁ・・・・
よし 日本一の農業者になれ。

農業は、たぶん漁業も、そうだと思うけれど、
繊細で賢くて・・・ということが必要だと思う。
まず
繊細はお魚との微妙な釣り針とかのせめぎ合い、と思うのです。
農業も、まず最初に葉の色、花の色を見る必要があります。
葉の色が濃すぎると、根が元気でないとかいうように。
薄いと、肥料が不足しています。
また花の色は、茄子は綺麗な紫。トマトは黄色。
色が薄いと窒素不足。等・・・・・・・
そして
何よりも、お金儲けには、経理が出来ないと。
種代、肥料代、機械代の減価償却、自分の儲けを足して、
販売する。値段をつける。
相手が何を欲しがっているのか。
考える必要があるのです。
何とは、綺麗で虫のいないもの。汚くて虫がいて高くても
安全なもの。
考えることは、常に必要なのです。

何よりも「興味を持つこと」と言っておきました。

もう何もしたくない、しんどくて仕方ない。
そんな私ですが、
この人に負けないように、なんて気持ちが生まれるでしょうか。

京都のお土産。というと、何を想像しますか。
八橋かな、阿闍梨餅かな。

今私はとっても偉そうなことを言ってますが、
気配りとかは、合格以上でしょう。

このような人が、自分に合うものを見つけた時に、
凄いことが起きると思う。

偉そうなことを言ってごめんね・・・・・・・・・・6:16

今日は寒くて寒くて・・・・

パパと二人とも年が大きくなったからだろう、
二人で一緒に仕事をすることが多くなった。
これもまたいいことなのかもしれない。
でも
ずーっとごちゃごちゃ言ってる。
「あなたもう帰りなん」
「体の事おもて言うてるんやろけど、ありがたみが無いで」
という。
(違うは、ごちゃごちゃがうるさいんや)
いわへんかったけど・・・・・・
あいつ自分の立場が分からんのです。
わんこでも知ってるのに・・・・・・・

あのね。
サラリーマンだった時は、お金を入れてくれるから
偉い人やった。
しかし
タダの人になったら、家長は奥さんやから・・・・・
明日はパッチワーク午後は頑張るけん・・・・・・・18:18

また雨

お天気に不足を言っても仕方ない。
そうやのに、ついつい言うてしまう。
また  曇りで気温が下がる・・・・・

昨日は午後
二年前にサツマイモを植えて、黒マルチをしていて
取ってなかったのを、昨日取ることに。
ビニールを止めている、釘がなかなか抜けない。
娘に手伝ってもらった。
「この畑返さへんかったら、これとっとらへんねぇ」と言いながら、
よいしょよいしょ・・・
娘は、これだけで帰ってもらう。
その後キャベツを収穫して、すっぱいキャベツ作り。

私は、ごぼう、人参、春大根、ねぎ、等播種。
ごぼうを蒔く所は少し土を盛り上げて・・・・・・
4時ごろに雨が降り出した。
もう少し仕事がしたかったけど、帰って来た。

娘に「あんたが帰ってなかったらもう働かんでもよいのに」と言うと、
「私かって、かえっとらんかったら、もっと違うことしてたのに」と言う。
悪いことしたなぁ・・・娘の人生奪った。
夕方に続く・・・・・・・・・・・・・・6:10

寒いよう。寒いよう。
午前9時。ハウスの腰巻を取ってしまう予定で、
ハウスに行った。
もの凄い風で、仕事ができない。
諦めて帰ってしまうと、それまでだ。
頑張ってすべて外した。11時前。
午後は、大きなスーパーに、作業の帽子や
麦わら帽や、ゴム手とう買いに行った。
予算の半額だった。
「私は、何にも買うとらへん」とのこと。
予算の倍ほどを、通販がお買い物するだろうなぁ・・・・
仕方ないけど。

今先がた「関西弁(本当は大阪弁)は文章に書かない」と言っていたけれど
それが正解だ。
私は、書いているけれど「へん」と書いて、変換すると
「編とか変とか、おかしな日本語」
でも あの万博の資料は「関西を馬鹿にしてますね」

ところで
朝の続きですが、もしも 私が心筋梗塞を
おこしてなかったら、娘は帰っていなかっただろう。
そうしたら、今頃はどこかの会社で、経理をしていたかもしれない。
とっても頑張り屋さんで、パソコンのワードの試験を受けた時に
「100点だと言われた。100点とは知らんことが無い。
いうことやで」と私に自慢をしていた。
契約社員をしていて、少しでも、高い給料を取ろうと、
頑張っていたようだ。
「お母さん、もし、私が帰ってなかったら、お母さんは
死んでたなぁ・・・」と言う。
娘の人生を奪ってしまったが、
お母さんは長生きして、あんたにお返しするかな。

はよう暖かくなれよ。

明日は用事がある。
木曜日からは、ずーっとお外の仕事。
頑張るぞ。
プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード