76パーセント

中学生の頃、私はビートルズとケネディ大統領が大好きだった。
中学生の時「ホワイトハウス」に英語で手紙が書きたいと、
英語の先生に無理を言ったことがある。
しかし その頃周りには、私と同じような思いの人がいなくて、
私は「変人」だった。
ところが、クリントンだったかが大統領になった時
「世界の人口の76%がビートルズとケネディに夢中になった。」と言ったのだ。
嬉しい私は、最も普通の人間だった。

今日私が言いたかったのは、このことを踏まえて、
心地よく生きて行くための「気配り」を説く。

50代から60代の奥様は、旦那さんの事が、「うっとうしい」と思う。

ところが我が家は、パパが「重い病気」だと知らされた。

可愛そうに、私たち家族のために、片道2時間もかけて大阪までも行って
働いていたパパ。
そのように思うようになると、あんなにうっとうしかったパパが、
そうではなくなってきて、
折に触れ言葉をかけるようになった。
その、心配りが、パパも気をよくして、
お互いに心地よく生きて行く事が出来る。

世界の76%の人たちに、ちよえちゃんからのアドバイス・・・・・・・・・・・

今日は西宮の男前さんが、美味しいケーキを買ってきてくれた。
2時ごろに4人で食べて、彼は7個買ってきてくれて、
今もう一つを食べた。
ほんまは、先生に叱られそう・・だけど・・・幸せ・・・・・・・・・・・・20:28
スポンサーサイト

がまぐち作り

午前中は、編み物。
次女が昨年買ってくれた、高級品の輪針を使って何かを編もうと
前開きのベストを編むことにした。
糸は娘が編んでいて、2個も余ってしまった分。
引き取りをしてくれないので、仕方ない。自分のものを編むことに・・・・・

002_20141030172015951.jpg
昨日から「がまぐち」の制作を始めた。
初めてのことだ。
003_201410301720178ee.jpg
しかし
大失敗だ。ぶさいくな事、この上なし。
見ていただくと解りますように、左右が対称でない。
最後に留め金をつけるのだが、留め金に比べて、
布の部分が小さいので、うまく入らない・・・・・
あーぁあ・・・・・・
毎月1個全部で6個来るので、この失敗をふまえて
来月は頑張ろう・・・・
説明書も詳しくない。結構不親切だ。
生地もカツカツで、あまりはないし・・・・
この手芸は、もう「かわんようにしようか」ということに・・・・・・・

コープコーベの手芸だけど・・・・・・「あかんなぁ・・・」
「フェリシモの方が良いなぁ…値段はどうなんやろなぁ・・・・」
という結論に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17:38

肩こり

私は、肩が痛いとか「こる」といった状態にはあまりならない。
しかし
歯が浮いてくるのだ。痛いよー・・・・・・
編み物や手芸のやり過ぎかなぁ・・・・・・

今朝も8時前から小豆の「からさや」もぎとり。
どうも、水霜が降りたようだ。
そういえば25年くらい前。ハウスイチゴを栽培していた時に、
10月28日ごろに水霜が降りるので、寒さにあてて、ハウスにビニールを張った。
この頃は地球温暖化で10月にこんなに寒くなることが無くなったのだ。
キャベツ10月29日

先日植えたキャベツだ。これで200本。残りの100本は、他の所に植えた。
この写真を見て気が付いたけど、この石垣のお家は毎年「つるし柿」
を作られる。今年もたくさん作っておられる。
私よりも7歳年上の奥さんはやはり、私よりも、ちょっと古いんだなぁ・・・・・・

小豆10月29日
午後3時過ぎ、乾燥した小豆を靴を履いたまま踏みつけて、このように
実にします。
このグレイの殻を取り除いて、小豆だけになったら、
「とうみ」という選別機にかけるのです。

明日は編み物。
午後はねぎの土寄せかなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・18:53

あっ!忘れてた。

忙しくて、でもとっても楽しくて・・・・
たとえば今日は、
丹波太郎に出荷して帰ってきたのが、5時40分。
朝食の準備朝食。6時25分にテレビ体操。

先生の展示会に出店するチュニックのアイロンを当て。
002_20141028172201778.jpg
001_20141028172200785.jpg
紫は夏に編んでいたもの。
新しく茶色を編んだ。
あまり好きな色で無かったので、誰かにあげて、また作り直そうかなぁ・・・・

8時少し前に、昨日植え替えたキャベツをハウスから出して、毛布やパオパオを外す。
8時半過ぎに、40本のレタスを定植して。
12まで小豆の収穫。
午後は、1時より、先日近所で収穫した小豆をさやから出して実にして。
2時半にわんこと散歩。
3時から、手芸。
一度作ってみたかった「がまぐち」が毎月届く。
4時から、キャベツにパオパオや毛布を掛けて、また手芸。

ところが
半月くらいまえに、「暇だ」というので、どこかに遊びに行こう。
と約束した。
「また電話する」と言ってたのに、すっかり忘れていた。
今日の昼前に彼の方から、別の用事で電話がった。
「ところで、お出かけはどうした」というので
「あっ忘れていた。ごめんごめん・・」

今の私、6歳下のお友達とお出かけするより、
お仕事している方が楽しくて楽しくて・・・・・・・・・・・・
でも
仕方ない。付き合ってあげよう。紅葉には少し早いけど、京都にでも行こうかなぁ…
来週の後半だなぁ・・・・・・・・・・・・・17:42

こんにゃくつくり

昨日私が、日役に行ってる間に、人生初の「こんにゃくつくり」をしてくれました。
002_20141027173012108.jpg
ミキサーですりつぶして。

003_2014102717301352c.jpg
しばらくして・・・・

こんにゃく2
凝固剤を入れて、

こんにゃく3
バットで固めて。

こんにゃく4
湯がいて・・・・

昨日の夕方はまだ暖かくて・・・
正直「もっと研究しなあかんなぁ」と言っていたのが、
今日夕方、煮付けました。(煮付けてくれました)
美味しい!

「売るのやめて、お家で食べよう」


私は、今日は8時から午後3時ごろまでかけて、キャベツの植え替え。
005_2014102717310321d.jpg
このようになった苗を。

006_20141027173105db3.jpg
このように・・・・

007_20141027173106bf0.jpg
運搬車にビニールや保温シートを敷いて・・・・
何故運搬車かというと、夜とか雨の日は、ハウスの中に入れて、
昼間はお外で光にあてるためです。
12月には、定植したいなぁ・・・・出来るかなぁ・・・・・・・・・・・・・・17:40

復旧

水害10月26日
今日の午前中は、集落のみんなで、来年水稲の栽培をするために、
水路の復旧作業でした。
左の土砂の積み上げてあるところは、もちろん田圃です。
今作業をしているところは、もう少し下の方の田んぼに、
水を入れるための水路が、土砂で埋まってしまっているのを、
取り除く作業です。
30人くらいの出席でしたが、
11時半まで。さすがに疲れました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16:46

小豆

朝から四苦八苦。
アップをしようとした写真が、90度傾く。何故そうなるのかわからない。
一からやり直した。うまくいった。

こねこねといじくりまわるより、一からやり直す方がいいのだ。
そういうことだ・・・・
小豆
スマホの写真はどうもうまく撮れないが、このように小豆は出来ています。
「茶さや」といいまして、さやが茶色になると収穫するのです。
この地方は、畑から茶色くなったのを順にとります。
また他のところは、80%くらい茶色になると、木ごと持って帰りお家で、木から取り除きます。

福知山から嫁に来た友人はもう70歳だけど「私はこうしていた」
と 木ごと持って帰ります。
多分ですが、その土地にあった収穫方法があるので、
(というのは、一度に赤くなる=茶色くなる=地方とぼちぼちに赤くなるところがあるようです。
気温に差があるのでしょうか)

今書きましたように、我が家は、というか この地方は、午前中にさやがまだ湿っている時に、
畑に出て収穫して、午後は、むしろに広げて乾燥して、実にします。
赤いダイヤが、むしろに何枚も干されていました。

我が家は、今年、借りていた田圃を無理に返したので、畑が無く昨年の半分の
栽培です。
話はそれますが、今年の6月に
「あんたなぁ、なめとったらあかへんで」と怒鳴りつけたんですが、
今回の水害が一番ひどかったのです。

そんなことで喜んでいても解決しませんが、
この田圃栽培したいなぁ・・・・・

世の中には、イスラムのような人が、たまにおられるんですね。
その女のご主人でさえ「お母ちゃんが言いかけたら、どうしようもない」
と言われているとか。
今回も、お家にボランティアで入った人が、
「ご主人をさしおいて、支離滅裂で、なんて人や」と言われていたとか、
(近所に住む私の友人の、同級生がボランティアで来られたとか・・・・)

来年の作付面積を検討する「時」が来ています。
どうにもならないことを、いつまでも悔やんでないで、
おかげで、今までの、半分の面積だから、
66歳という年を加味して、半分の栽培にしよう・・・・・
今までは40アールだったのが、20アールになってしまったので、
手芸の時間を増やして、ゆっくりしよう・・・・
でも
病院の先生は「働きなさい」といわれる・・・・・・

思うようにならないなぁ・・・・・・

今日は、鬱で入院されているお家に、小豆の収穫に行く。
ご主人が、何もかもやる気を無くされていて、
水害でほとんど残っていないけれど、採ってほしい、といわれるので、
収穫に行く予定。
1kgをいくらかの値段でかわしてもらうつもりだ。
頑張るぞー・・・・・・・・・・・・7:08

大忙し

久しぶり、といっても一日おいて、畑に行った。
野菜さんも見た。
春波という大きい方のキャベツ。定植が出来るように大きくなっていた。
春波
双葉と本葉の違いは分かりますか。
本葉が4枚と5枚目が少し出ています。この状態で定植するようです。
8枚だと思っていたのですが、農協さんに教えていただきました。

きゃべつ23
こちらは、本葉一枚半。ポットに植え替えです。
昨日コメリに買いに行ったのですが、店頭になくて、帰ってネットで買う予定でしたが、
ネットでも売り切れのようです。
別のお店で買いました。
100ポットが100円くらい。600個買っても600円しない。
送料と代引き手数料・・・・・・・・・・・・・
娘に、馬鹿にされながら・・・・ついでに、定植の時に撒く
殺虫剤と肥料を買いました。

小豆も収穫を待っています。

私がいつも乗っている軽トラックが27日から29日まで車検です。
それまでに、用事を済ませておかないと・・・・・・・・

今日は朝から、小豆の収穫。
キャベツの定植は、もう少し土が乾いてから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:18

バストトップ

神戸の病院に入院されていて、震災で電気が止まり亡くなられた人のお葬式に出席した。
「良い下着があるけど、着けてみやへんか?」
シャンデールと言う下着との出会いだ。
一日につける下着のセットが、75000円から80000万円。
その下着を4日分買うのだ。プラスショーツで35万円くらいが一度に買う予算。
高い下着なので、結構長持ちする。
しかし
今回もう買わないことにした。
ワコールの半値くらいのブラを買った。着けてみた。
気のせいだろうか、バストトップが少し下がったように思う。
なーに 慣れてくれば気にならないだろう・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし
これってとっても悲しいこと。  仕方ない。我慢我慢。

奈良のnanamiさんの「どっぷり大阪」で思い出した。
私なら、文楽だ。
吉田玉男さんの追いかけをして、年に4・5回見に行っていたことがあった。
最初は眠くて眠くて・・・そのうちわかるようになると、面白い。
人間国宝の吉田さんの色気にすっかり夢中になったものだ。
えべっさんの日に、ます酒を吉田さん本人から頂いた。
嬉しい思い出。
パパが退職してから、一人で出かけることが無くなり、あまり行かなくなった。
一度パパと行ったけど、パパは「もういらん」という・・・・・・
そういえば、この10年は、(パパは54歳(2000年)の8月からお家にいた。退職は翌年の3月(2001年))
そのころから、どこにも行かなくなった。・・・・・・
一番の原因は、電車賃が半額だったのが、普通の料金になったからだ・・・・・・・・・・・
1月10日ごろ、正装して文楽を見に行くのも、楽しみだったなぁ・・・・・・・・・

昨日は、午前中は編み物。午後は眼鏡屋さん。
今日は、また 畑に行く予定。
寒いかなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7:15

躁鬱

そううつって難しい字を書くのですね。
どうも 国語 苦手です。

今日は朝から雨、8月頃より気になっていた「めがね」を見てもらいに
眼鏡屋さんに出かけた。
レンズが曇っていたのだ。
「これは傷ですねぇ・・」「新しくしないと・・・」
いろいろ調べていただいて、度も少し進んでいたし、
乱視にもなっていた。
しかし
レンズの相場というものを知らないが、4万円した。
パパは「もっと大きなところで買ったらどうや」という。
デパートですか?
梅田まで行くの嫌やし・・・・

外での仕事が多いので傷つきやすい。
かといって、目は大事なので、目にあったレンズがいい。
「フレームも新しくしますか・」と言われたけれど・・・
とんでもない。今我が家は、お金を使ってはいけないのだ。
しかし
目のためには良いものを使いたい。

雨で、何となく「鬱」なわたし・・・・・・・・・・・・・・・19:50

飛行機の話

この度、三菱が作った「飛行機」はとっても素敵ですよね。
私は、上がる時と降りる時が苦手で、しかも あんな大きなものが
空を飛ぶなんて・・・・
話はそれますが、リニァも地上10センチくらいで走るそうですね。

テレビは全く見ないのですが「ガイヤの夜明け」だけは、見ています。
日本人の凄さを毎週オンエァされています。

昨日は、朝方8時から9時半まで、寝てしまったんですが、
起きてきて、編み物三昧。
夜ベットに入ると、歯が痛い。
少しやりすぎたかなぁ・・・・・・・・・・・・・・

今日は、天気予報で雨になっていたので、近くのホームセンターに
パンジーの苗を買いに行く。

話はそれるが、昨年の11月30日に千葉から帰ってきた67歳と68歳の夫婦が、
毎日11時頃に出かけて、3時ごろに帰ってくる。
67歳は、幼馴染「毎日何処にいっとん」「トフ買いや」
都会の人は、毎日お買い物をして、お昼は外で食べるんやなぁ・・・・
と我が家で話をしているが、考えたら、することないもんなぁ・・・・・・・

向こうは
「ちよえちゃん、毎日畑に行ってなにしとってんやろ」というてるだろうなぁ・・・・・
畑が、楽しくてしょうがない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:20

筋肉痛

かぼちゃ

ほんまに、
うちのパパとやらは、「悪いけど田圃耕してくれる。もう畝立までして」というと
トラクターでやってきた。
「畝立だけでよいか」
「肥料を撒いているからかき混ぜてよ」

私は、苦土石灰70kg BMようりん20kg かがやく有機20Kg そして
今日堆肥を撒く予定だったので、堆肥が無いので、アズミンという堆肥に変わる肥料を40kg
150kgも撒いて・・・くたくた・・・

それやのに
「雨が降るんやったら、水抜き作っときや」と言って帰ってしまった。

昨日は、自分のやりたいことがあったようで、
隅の方は全く鋤いてない。
130センチ×4の面積だけど、体中が痛い。
備中で耕して、じょうれんで土を上げて行く・・・・・・

3時ごろ、帰ってくると、コンバインが置いてあった。
泥がこびりついている。
この泥を取っておかないと、整備にお金がかかる。

実は、きゃべつ。
初めての経験で、いつごろ植え頃が来るのか、見当がつかない。
こうして準備をしておくと、いつ「定植」ということになっても安心だ。
しかも
こちら側、山陰側は、これからは雨の日が多いから、晴れた日に準備をしておく必要があるのだ。

今日は、筋肉をほぐす、ことをしよう・・・・・・・・・・・・・・・

8月頃タキイの冊子を見ていると、
「今種を播くと、冬至に、あたらしいかぼちゃが食べられる」とあった。
かぼちゃは、7月末に収穫する。
古くておいしそうでないのだ。
そこで 単細胞の私は、即種を播いた。
そのかぼちゃが、こんな実をつけている。嬉しいなぁ・・・・・・・・・・・・・6:02

下剋上

昨日は忙しい日だった。
友人が、チンゲン菜の苗を下さり、パパに畝を作ってもらって植えて、
タキイに注文していたイチゴが来た。
馬鹿な私は同じものを6月と9月に注文していて、合計12本が来た。
6本はプランターと植木鉢に・・・・・・・・・・
そしてメインは豊中の友人。車にぱんぱんに積み込んで、いろんなところに配ったようだ。
友人のおかげで、居ながらにして、「丹波の本黒」の枝豆が食べられる人
感謝しなさいよ。ちよえちゃんにも・・・・・・・・・・・

そして弟が来た。
先日「お野菜を食べへんから・・・」と言っていたので、
枝豆を湯がいてあげることに・・・・
豆なら繊維もたくさんとれるから・・・・・・・・・

極めつけは、夜。
昨日は次女が帰ってきたので、お風呂上りは、梅田のスイーツが食べられる。
食べ終わって、「メールをみて寝るわぁ・・・」
なんとなく野球を検索した。
「おーい、えらいこっちゃ。」「何?」
「阪神がえらいこっちゃ・・」
8時半から、テレビを見ることに・・・・・
能見が毎回ランナーを出してのらりくらりしていたので、
9時40分ごろまでベットに入る事が出来なかった。

明日はゆっくり寝よ。
結局4時半に目が覚めた。

今日はキャベツを植えるところの準備。
毎日働けることに、感謝・感謝。

「お母さん11月1日。来るか」
資生堂の美容相談会だ。次女には悪いけど、行かないことした。
ちよえちゃんはどこにも行きたくない。
畑で野菜さんとお話してるのが一番いい。

そして編み物と手芸と俳句。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5:48

乾燥機

パパが病気になって、というか この病気は、遺伝なので
もっと若いころから始まっていた。
40歳の時に、兄が、私が交通事故で「内臓破裂」を起こして入院しているところに
「千代ちゃんがいる」とやってきた。
腹水で肝臓がん。すぐに透析が始まった。
その時
(その病院は、院長とか親しいので)
「青木さんご主人も気を付けないといけないよ」と言われていた。
しかし
そんなことすっかり忘れていた が
パパはその病気をきっちり受け継いだのだ。

そんなわけで、パパが今まで一人でしていた仕事を、私が手伝うというより、
主動という形で動いている。

「籾摺りが終わったら、そのへんにおらんかったなぁ・・・」
「そうや、次のお金儲けを求めて、いちごやお野菜に夢中だったねぇ・・」
ハウスにイチゴを10000本植えていた。
野菜苗も1000本単位で、育苗していたのだ。
キャベツを4種類、4回に分けて、合計4000本
白菜やブロッコリーその他・・・・・・

「わしが一人でやってたんや」と言いながら・・・・・・

パパが病気なって、良かったことは、
病気になってよかった、なんておかしいけれど・・・・・・・

パパのことを、感謝できることだなぁ・・・と思う。
今までは、当たり前だと思っていたことが、
健康で仕事をしてくれることが、嬉しいなぁ・・・・と思える。

(こんなことを書くと、豊中の友人が「えらい変わりようだ」っていうだろうなぁ・・・・・)

さてさて本題
昨日は、乾燥機に溜まっている、ごみをかき出した。
稲のはしかい屑と、水につかった時に溜まった泥のほこり。
(パパは毎年やってたのか。そりゃあ文句言うわなぁ・・・)
頭の上から長靴の中まで、ほこりだらけ・・・・・・・・
終わってすぐにシャワーをしたけれど、少し寒かった。

二人でやると早いなぁ・・・・

パパが嬉しそうに言った。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の午前中は、小豆の収穫。午後はまた乾燥機。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:58

お金儲け・・・しかし  ハウスが無い、どうしよう・・・・・・・・・
そこで
キャベツを周年栽培しよう。と決めたのだが・・・・
15日に「普及センター」に電話をすると、
「それは大きくなりませんよ。真冬に凍って消えるでしょう」と言われたので、びっくり。
とりあえず、ハウスが無いので、ビニールトンネルを作ることに。
とんねる2
トンネル1
すりぬかをたっぷり敷いて作ったけど・・・
「ハウスのように、暖かくなりません」とのこと・・・

ゆめごろも
このキャベツで、4月頃の収穫のようだ。

最初から失敗ばっかりだけど、
一年間は大目に見て、しっかりお勉強をします。ちゃんちゃん。・・・・・・・・7:08

もしかして

俳句は、5月に今年度がスタートする。
私は、田植えで出席できない。
6・7・10月の3回で二回「特選」を頂いた。
頑張って来たかいがあったなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・嬉しいなぁ・・・・・・
近所の人に自慢した。ウッシッシ・・・・・・・・・・

昨日、8時半ごろ
「もう寝るわぁ・・・その前にテレビテレビ・・」
「えーっ 勝ってるやん」
「もう見んとき。見たら負けるで」
朝起きて、4-1で勝っているではないか。
もしかして。
阪神阪急にお買い物に行きたいけど、今年は「我慢」することを決めている。
お金なんて天下の周り物。
オリックスとやりたかったなぁ・・・・・・・・・・・・・
優勝セール行こうかなぁ・・・・・・・・・・・・・・・
どちらにしても、夢が見られることは、いいことだ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:55

寒いぞー

台風一過。
台風は、季節を一か月早めてくれる。とか。
どうりで・・・
寒くなって来た・・・・・・・・・・・

ところで今日は、朝早くから、注文を受けていた「枝豆」
001_20141015183816158.jpg
量りの上に載っているのが650から700gです。
500円で売っています。
約20束を箱に詰めて、東京や浜松、大阪に発送。
依頼をしてくださった人は、ご主人の転勤で、東京大阪本社が浜松で、転勤されて
お友達が出来た。とか・・・・・・・・・・

台風接近で13日14日とゆっくりしたので、さぁ
また畑仕事だ・・・・・
頑張るぞ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18:45



憂鬱

台風の被害も、まだ畑に行っていませんが、そんなにひどいことになっていないと思います。
ありがとう神様。ありがとうご先祖様。

ところが
10年くらい一緒にやってきた人に、3年前に(だったかなぁ・・・)脅されたのだ。
津野先生の計らいで解決しましたが、恐ろしいことがありました。

その本人から、メールが来るようになったのです。
春に一通。そして 昨日。
内容は確認していませんが、仕事の話のようです。

人は皆、悲しいことや嫌なことは、忘れ去る事が出来るようにできています。
悔しくて、悲しくて、嫌で嫌でたまらなかった出来事でしたが、
思い出すことも無く、暮らしていました。

ところが・・・・ところがです。

弁護士の先生が「相手は、普通だと思っている」と言われたけれど、
だから、あのような事が出来て、しかも、普通にメールを送る事が出来るのだろう。

私は、思い出すだけで、吐き気がして、気分が悪くなる。
昨日から憂鬱で、憂鬱でしかたない。

あーぁ あのやろう、この世から消えないかなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7:05

快感

昨日は、2年ぶりに、シンガポールから帰国した「友人の娘さん」家族が黒豆の収穫にやってきた。
次男さんが大きくなられていてビックリ。
長男さんは「塾」だとか、勉強が遅れているのだろうなぁ・・・
パパを超えるためには頑張らないと・・・・・・・・
友人は、癌で亡くなられた。
おおらかで、それでいて厳しい人だった。
お家にジョンの写真が飾ってあった。同じ世代だなぁ・・・と感じた。

ところで
仕事の売り上げが「半減」して、厳しいから。
どうしよう・・・・と、焦った私は、毎日毎日、畑に行った。
そしてお野菜つくりをしたのだ。
「あんたんとこの野菜が、一番いい」と近所の人に言っていただいた。
ただ 残念なことは、きゃべつでも80個くらいしかないのだ。
そのキャベツを、周りのお家に配った。
「まぁ もらってばっかりやね」と言って下さる。
白菜も、「ちょうだい」は言いにくいので「100円で売るから取りに来て」
と言ってある。

お金だけを追いかけた、20年間。

その時代は終わった。

畑に出ていお野菜を作って、喜んで食べていただく。

そんなことを「夢見て」

今日はこれから栽培予定の「きゃべつ」の年間計画をグラフにした。

「お母さん、なんで手で書くん」と娘が言う。
「手で書いた方が、覚えやすいんや」
002_201410131634095de.jpg
赤い丸が「播種」
黒い×が「定植」
青い横棒が収穫時期。

この表を基に、種を買って播種する予定だ。

定植までに、堆肥と苦土石灰を撒いて、畝立て・・・・・・・

貧乏もいいなぁ・・・・と 感じ始めた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16:50

生活費

今月に入って、塩津峠が片道だけれど、開通した。
柏原方面も、う回路が出来た。

さっそく通なければなんめい。

そんなわけで
昨日は、コメリーでパンジー等を買ってきた。

ところで、だ。
食費は戸配をしているので、5万円もあれば生活出来るだろうと、
金庫に5万円を入れた。
パパは九州から1万円を残してきて、また生活費にしたらよい。と言っていた。
昨日、局での支払いは、振り込められているのを引き出した。
それなのに、
金庫には15000円しか残ってないのだ。
たぶん一週間で35000円を使ったようだ。
そこで 考えた。

今月の生活費。
なんて決めると、ストレスがたまるばかり。
あるから使うのだ。無くなれば使う事が出来ない。

このブログを書き始めると、娘が「あんたは迷ってばっかり。と言うてやけど」と言ってきた。
この20年間。ばーっと売り上げて、バーッと使った。何にものこっとらん。

このような性格だから、2000万を平気で借りる事が出来たし、あんたらぁにも
使えたんや・・・・
(次女は、語学留学で一年に320万使ったのだ)

そんな性格の私が、生活費5万円。
なんて決めても、あかん。

結論。出来るだけ節約して、いるもんはしゃぁない。

今日は、西宮からお客さん。
シンガポールに海外赴任して帰ってきたのだ。
久しぶりに会う。次男さんが、「お野菜大好き人間。」
小学生になったかなぁ・・・・・楽しみだなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7:43

玄米ご飯

パパが、台風を避けて、8日から南九州に行ってきました。
写真をアップすると、おかしな茶碗の写真。
なーんだ。ちよえちゃんのご飯だ。

6時25分より「テレビ体操」をしています。

001_2014101106361421b.jpg

少し前に写した写真ですが、毎食このような感じで黒豆入りの玄米ご飯を食べています。

秋は栗ごはん等白米を食べることが多くて、美味しくてつい食べ過ぎます。
病院の先生が「美味しいものは、体に悪いのよ」と言われるので、
頑張って美味しくないものを食べていますが、考えたら「悲しい人生」しています。

好きなものを好きなように食べて、死ぬ。
そんな人生がしたいけど、10年前に、長女にお家の帰ってもらいました。
残りの人生は、助けてくれた、長女に「お返し」の人生だなぁ・・・
と思っています。

10年前に(自分では気が付いていませんが)心筋梗塞を起こして、
しんどい状態でした。
娘に帰って来てもらって、農業を手伝ってもらったのです。

一日でも健康で長生きして、娘にお返ししなくては・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:45

台風19号

台風は大阪湾から高槻京都というコースです。
近畿地方にとっては、最悪のコースです。
我が丹波市は、普通の台風なら、通過したか?というくらいの風で済みます。
しかし
猛烈で強い台風は、12日で945hpの予報です。
一日でどれだけ小さくなるか?にかけます。

仕方ない。諦めよう・・・・・・
何年か前に、大きな台風が毎週のように来たことがある。
ハウスをたくさん持っていて、心配したことがあった。
それに比べたら・・・・
しかし
趣味で作ったお野菜は、お金儲けのお野菜よりも、ショックが大きいような気がする。
お金で済む問題ではないのだ。
命を懸けて、作ったのに・・・・・・

オレガノ
ハーブを植えているところに、
オレガノの可愛い花が咲いていました。
奈良のnanamiさんが、ハーブの花をよくアップされているのを
思い出して写しました。・・・・・・・・・・・・7:28

悲しいよう

ざまぁみろ・・
なんて言ってたからだろうか・・・・・

またまた大きな台風が来る。どうしよう・・・・
どうすることもできない。

昨日は、畑に行ってみた。前の日は、雨で行けなかったのだ。

ショックショック・・・
一番被害が大きいのはブロッコリー・・・・
丹波の黒豆も、作り始めてから、一番くらいの豊作だ。
それが枝が折れている。

悲しいよう・・・・・

「あんたは、苦労してやねぇ・・」と私にいつもいう。80歳前の人が、単車で通り抜けて行った。
毎日毎日田んぼに出て「あほかいな」と思っているだろうなぁ・・・・・

そんなことはどうでもいい。
他人なんて気にしなくていい。

悲しいよう・・・・
今、ウエザーニュースを見ると、フイリッピンで「猛烈な」台風だ。
西日本直撃だ。四国に上陸しそうだ。

あの野菜さんたちが、可哀そうだ。
何とか守ってあげたい。しかし・・・私の力ではどうすることもできない。

悲しいよう・・・・悲しいよう・・・・悲しいよう・・・・・・・

今日は3か月ぶりの「俳句」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5:30

台風一過

今日から加工が始まった。
今朝は私は、ドライバーだけ。5時前に起きて、寒いので冬物のパーカーを着て、
丹波太郎に・・・・・
明日の大丸は、出荷するものが無いので、10月下旬までお休みらしい。
一番よく売れる大丸がお休みで、売り上げに響くなぁ・・・・・

水稲の刈取りと乾燥調製が、半分になった。
農機具屋さんが「年取ってきて、普通やろ」という・・・・・・・・・

キリギリスで、蓄えをしてこなかった私は、冬には死ぬしかないのか。

蟻さんをしよう。

と思いついたのが遅すぎた。

困ったなぁ・・・・・・・

ところが
しぶとい私は、まだまだ仕事をしようとしている。
月に100万なんて売り上げは、もう夢の夢。
5万でも3万でもいい。なんて思って、今は土つくり・・・・・・・・・・・・・・・

私の偉い所は「よし、良いものを作るぞ」というところ・・・・・
夢は、とりあげず「丹波太郎一のキャベツを作ろう」ということだ。
そのために必要なことは、土つくり・・・・・

今日ももみがら配りの日が続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7:38

おかしいなぁ・・

新しく記事を書き、アップすると、
写真も記事も、重複しています。
あかんなぁ・・・ぼけたようだ・・・・
しかし
せっかく書いたのでそのままにしておきます。
ごめんなさい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9:23

あけび

少し前ですが、
お家の横の栗を拾っていて、アケビを見つけました。
あけび
懐かしいなぁ・・・と取ってきました。
食べたんですが、種がお口の中に広がって、どうにもこうにもなりません。
そのまま吐き出しました。
昔、どのようにして食べてたっけ・・・・・・・・・

野菜畑は涼しくなり、お野菜が出来てきました。
キャベツは二個収穫しました。
娘が毎食大きなお皿にいっぱい出してくれます。
「これを先に食べるんやで」
初秋という品種ですが、本当においしい品種です。
キャベツ
60本植えています。
近所に配りたいと、今からわくわくしています。
買って下さる人には、1個150円かなぁ・・・・

10白菜
白菜はもう少し先ですが、豪雨の頃に定植しましたので、
近所では、一番早く収穫できます。
これも近所に配る予定です。
1個100円で「売るよ」とも言ってあります。
タダで頂くと、かえって気を使うので、100円だといいかなぁ・・・・みたいな・・・・
10歳年上の、今まで私が「お手本」にしてきた人が
「この集落でお野菜作ってるの、あんただけや」と言って下さる。
お野菜は高いので、自分の所が食べるのと、近所の人に配るのと・・・・

これからの、私の生きる道です。

いちご
30年ぶりくらいかなぁ・・・・
露地イチゴを90本栽培予定です。
どのような苗を植えたらいいのかわからないので、タキイで6本買いました。
とどいたら手前に植えます。

どのような苗とは、30年前は「クラウンを太らせて」と言われていました。
しかし
いつだったか「細くて小さい苗を植える」と書いてあるのを見たような気がした。
農協さんに「クラウンを太らすのですか」というと「クラウン?」
知らないようです。

商売でないイチゴ。
ある意味とても楽しみです。

台風は静岡県に上陸したみたい。

編み物をしなくては・・・
娘が大作に取り組んだのですが、出来上がり寸法が、胸周りで10センチも小さい。
見てやっていればよかったんだけど、油断をしていた。
全てをほどいて、編み直し。

自分が出来るので、娘もできる。と思ったのが間違い。
今度はしっかりゲージを取ってやりなおそう。
可哀そうなので、私が編みなおすことに・・・・・・・・・・
頑張ろう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8:58

台風接近

怖いですね。雨がです。
「我が家だけ、雨降らんかってん」と、鼻が天狗になりました。
だから よけいに怖いのです。
近所のにっくきお家は被害が一番大きくて「ざまーみろ」

今年の初夏。
何度も「もう少し作らせてほしい。(受託)」と依頼しましたが、
「思っていることがある」と「返せ」と言ったのだ。
しかし
待てど暮らせど、何も作る様子が無い。
そこで、初夏に
毎日のように、2歳か3歳か知らないが、孫を連れて、公民館まで来るのだ。
保育園の送迎バスが公民館に来るからだ。
毎日、我が家のわんこに愛想をする。
「わんこに話しかけんといて」と言うが、聞かない。
そこで初夏に
「あんたなぁ。なめとったらあかんよ。世の中をなめたらあかんよ」と怒鳴ったのだ。
そうするとご主人に「ちよえさんが、なめとる言うてやけど、なめとるんかなぁ・・」
と大きなな声で言われた。
ぱぱが、「ほんまにおかしいのう・・」

今回の水害は、この集落ではそのお家が一番大きな被害だった。
「床上、膝小僧の上」だそうだ。
誰かが、畳を30枚くらい、新しくされた。と言っていた。
ざまーみろ・・・・・・・

孫を連れて下の道を通ったら「大変やったねぇ・・・えへへ」という予定だが、
来ないんだ。

そういえば、毎日毎日、孫と大きな声で歌を歌いながら通っていた。
「あれはなんなんだ」というと
「我が家は幸せだから、市の貝中の人に幸せを、分けてあげよう。ということなんよ」と誰かが言った。
そうか 水害が大きかったから、幸せで無くなって、
孫を連れて、歌が歌えないのか・・・・・・

また雨が降る。心配してるかなぁ・・・・あのバカ・・・・・・・・・・・・17:06

枝豆の出荷

水曜日。
午後に急に思い立ち、枝豆の収穫に・・・・・
今年は、金木犀も10日くらい早くに咲いた。とか・・・・
枝豆も早くに実ってそう・・・

昨日、木曜の朝5時に、丹波太郎に出荷。

私の住んでいるところは、市島の「北海道」なので、
秋口の出荷は、誰よりも早いのだ。

皆さんが出されるようになると、止めて、12月に黒豆にする。

ところで
昨日、海苔網に「鹿」がひっかかった。
3人見に来た。猟友会の人が、殺してくださった。
「私って、なんでこんなに働くんやろ」「性分やねぇ・・・」

やりたいことが山ほどあり。
忙しくて仕方がない。
毎日4時代に起きて、朝食は6時前。6時25分から、テレビ体操。
その前に、お外の掃除や栗拾い。
栗ご飯を何度も食べた。もういいやと思い、昨日500gだけ丹波太郎に持って行った。
栗の木は二年目の木が4本。鹿さんに葉を食べられて、実がなったのは3本。
もう終わりだ。
葉が落ちたら、剪定と誘引。楽しみだなぁ・・・・・・・・

8時前ごろから、お外の仕事。
と言っても、しんどいので、休みながら・・・・・

いろんな人が来られて、仕事にならないことの方が多い。
昨日も、鹿さん騒動でおしゃべりに花が咲いた。

雨模様なので、手芸をしています・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5:25

露地いちご

「お昼ごろに行きや」
有機センターに、堆肥を買いに行くのだ。

パパと軽トラックに1台分、1029円だ。買いに行った。
午後3人で畑に配り、いちごのとこを作った。
1980年ごろに栽培していた。35年ぶりだ。
たった 50本なので(ハウスでは10000本栽培していた)
理想の畝つくりが出来た。

そこで思い出したことがある。
80年ごろ、地元に同じ年の警察官が、来ていた。
いちごを「取においで」というと、赤くなりかけまで取って「置いといたら、赤くなるから・・」
よくんばりやなぁ・・・と思ったことだ。
しかし
この警察官には続きがある・・・・
転勤が決まった時「神戸に戻ることになりました」悲しそうに言ってきた。
明日出発だという前の日に「夜来て下さい」と言った。
夜行くと、すっかり片付いた部屋で、奥さんの弟さんと飲んでいた。
泣きながら、「さみしいよう」と言ったのだ。

私って、こうして思い起こすと、結構もてていたのだ。

その後 神戸で一度デイトをした。
高い所に上がったのを覚えている。
1985年に神戸に行ったので、30代後半だ。

今思えば、もっと「男」を意識した人生をしていたら「もてていただろうになぁ・・・」

いちごは、タキイで6本、「宝幸早生」という品種を買いました。
この品種は、古い品種で、ハウス栽培用に品種改良されていません。

イチゴはお店に出回っているのは100%ハウスイチゴです。
寒い時期、すなわち2月3月頃が一番おいしいでのす。
気温が高くなると、水っぽくておいしくありません。
露地栽培のイチゴは5月6月に収穫なので、ハウス用に改良されたイチゴよりも、
昔から栽培されていた品種が、いいのです。

タキイの「イチゴの育て方」を見ると、
「苗が届いたら、すぐに、開けて、一日おいて、次の日に植える」とありました。
植え時期が10月なので、昨日植え床を作りました。

写真は夢中で撮れませんでした。また写してきます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:45
プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード