黒豆の定植

午後1時半、ラジオの天気予報が、
「丹波高原で、雨が降り出しました」と言った。
急いで、ipadで兵庫の雨雲をみると、すぐそばで降っている。
あわてて、「行くぞー」

誰も反応なし。

ところがパパが、「手伝うわぁ」

おかげで、雨が降るまでに、約200本を
定植する事が出来た。

昨年の水害の畑大豆蒔く

なんて俳句を作ってみたんですが、

畑は荒れていて、どのようなものが出来るかわかりませんが、
観察をしながら、対処する予定です。

夏のお野菜も、茄子さんが少し元気になってきました。

昨日は近所の人に「茄子」を頂きました。
今花が咲きだしたので、もう少しすると、収穫できると思うのです。

普段普通に思っていたことが、そうでなくなる。

また一つ、経験しました。

今日は、新幹線で恐ろしいことが起きました。
我が家は、元 JR家族なので、このようなことが起きると、
より身近に感じるのです。

新幹線の「神話」は崩れるのでしょうか。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18:35
スポンサーサイト

紫陽花

パパが今にも車いす生活になるかもしれない。
なんて思ったのは、二年前の今頃。
「あなた、窓からお花が見えるように植えたん。何が良い」
「アジサイ。」わかりやすい性格で、今綺麗に咲いているもんなぁ・・・・

それから二年。
パパは今も仕事をしている。ありがたしありがたし。感謝感謝だ。
その時買ってきて植えた分や、挿し木をして植えた分が、花をつけています。
003_2015062919161596e.jpg
これで5種類8本くらいあるのです。額紫陽花も2本あります。

たぶん 
来年も、その次の年も、この紫陽花が咲くころになると、2年前のことを
思い出すだろう・・・・・

雨が降り続いて、畑の準備が出来なくて、
黒豆が植えられません。
001_201506291916140be.jpg
今年は、たったこれだけです。

春先から、おはぎが良く売れて「小豆」が足りないので、
小豆をたくさん播く予定です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・19:26

らっきょう

友人と電話でしゃべっていた。
3-3だったのに、5-3になって終わっていた。
残念。聞き逃した。

阪神が、やっとこせ、勝ちだして、にわかフアンやってます。

ところで 昨年の今頃
「血液サラサラ、でいいよ。」「らっきょう、植えなはれ」と近所の人に言われた。
早速、いつもの「タキイ」で注文。
500gが2000円近くした(今年は2000円だ)
「高いなぁ。スーパーで商品を買う方が安いや」と思いつつ、
スパーにはなかなかいいもん、ないもんなぁ・・・・・

8月末ごろにタキイから種が来た「福井ラッキョウ」だ。
植えた。
そして、栽培暦を見ると、追肥を3回くらいやれ。とあった。
タキイに電話をしてみると
「あまり大きくすると、しゃっきり感がなくなりますよ」といわれて、
12月の追肥だけでほったらかしにした。

先日ためし掘りをしていて、楽しみだった収穫。
003_20150627174452eac.jpg
これと
002_201506271744514dc.jpg
これ。

このバケツの分で2,78キロ
洗うと、2,5キロくらいかなぁ・・・・

残りも同じくらい。

来年は、て種(自家生産した分で「種」に使う、)を植えてみようと、500g
を残したので、6kg位収穫できたと思う。

嬉しいなぁ・・・

明日洗って、早速つけよう・・・・・・18:00

ミシン

同級生と「イタメシ」を食べに行ったおかげで、ミシンを踏むことになった。
なんのこっちゃ。

同級生があまりに頑張っているので、刺激を受けて、
私も、ぼんやりしていてはいけない。
と思ったのだ。

そこで
パッチワークもノートを取り、真剣に習うことにした。

そして ミシン。
教室では先生に、お家では娘に。
自分では絶対にミシンを踏むことはない。と思っていた。が

火曜日の午後(おけいこの日)
説明書を出してきた、1997年のものだ。娘は1998年に買ったようだ。
「お客様相談電話」は繋がらない。
ネットで調べると、倒産しているようだ。
新しい会社の相談窓口に電話をかけると
「コントローラーは買えますでしょうか」「ありますよ。」とのこと。

さすが高いのを買っていたおかげだ。

朝から雨の今日、早速説明書を読みながら、
またまた「怖い先生」に教えを乞いながら・・・・
「お母さん、製品をぬったらあかんやろ。何かで練習せんと・・・」
端切れを5センチくらい縫う。
「これでよいか」 「知らんわぁ・・・好きにし」

ゆっくりにしていると、本当にゆっくりしか動かない。

私が、ミシンを踏んでいたのは、足踏みミシンに、電動をつけたのも。
車の免許も持っていなくて、アクセルの踏み加減も、
もう一つ理解できてなかった。

それが、それがですよ。35年ぶりにミシンを踏むと、
これがまた快調・・・・

お買い物大好きな私は、早速、「新しいのを買わへんか」

ブラザーがいいと思うけれど、コントローラーを買ったので、
同じメーカーがいいかなぁ・・・・

しかし だ。
娘に所帯を譲ったので、自由になるお金が、少ない。
20万なんてとてもとても・・・・・
しばらく思案をしよう。

ミシンにはまりそうだ。・・・・・・・・・18:43

ミシン

子供たちが幼稚園の時、
半ズボンを縫った経験がある。
お揃いのワンピースを着せたこともあった。
しかし
それからミシンなるものを、使ったことが無かった。

「お母さんのミシン(小5の時に買ったもの。ブラザーの『コンパルアルファ』といって
26.7万した)、10万で下取りしてもらって、新しいのを買った」
もう15くらい前に、洋裁を習いだした娘が、そう言って、電話をかけてきた。

娘は、「今思えば、私、何も知らなくて、だまされたんや」
ミシンを定価で買ったことを言ってるようだ。
30万近くした。と・・・・・・・

パッチワークを始めて、ミシンを使うことが増えてきた。

ミシンなんて使えない私は、教室では先生に、お家では娘に縫ってもらっていた。

しかし
先日、同級生に刺激を受けて、自分でやることにした。

早速、「コントローラー」という足踏みで縫えるものを買った。
今日、ネコちゃんが配達してくれる。

娘は騙された。というけれど ミシンは製造中止になっているのに、
部品が買えるなんて、高いミシンを買っていてよかった。

今日から、ミシンを踏むぞー・・・・・・・・6:23

疲れ

夕方になると疲れて、寝ることしか考えられない。
「どこか体が悪いんやろか」
遅くとも8時には、ベットに入る。
阪神が勝っていたら、もう少し聞こうかなぁ・・・と 思うけれど、
睡魔に負けてしまう。

しかし

朝は、眠いけれど、元気だ。

今日は水曜日で、出荷が6時なので、その後の時間の流れが、
一時間遅くなる。

8時半ごろから、先日10%の塩で漬けた梅の梅酢が上がってきたので、
重しを取り、漬けなおして、
9時ごろより、畑に・・・・
11時に帰って来て、
お家の周りに猪が来るので、メッシュを張るのに、きこりをした。
のこぎりを出してきて、ごりごりごり・・・
午前中に3本。これだけで、一日の仕事をすべてやったような。
しんどい。

午後も畑ときこり
5時に帰って来て、シャワーをしようとしたら、
「フレコンの袋が欲しい」と電話。
「あげるから、はようきな」
5時半過ぎ。

即シャワーをしようとしたら、ヤクルトのような飲料水の
個配の営業・・・
このような営業マンて嫌やわ。こちらの都合は全く考えとらん。

シャワーして、ご飯食べて、もうすぐ寝る。
阪神広島、どうなってるかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・19:05

日々の暮らし

パパが病気になってから、「何もない毎日」がどれだけありがたいか実感している。
今日は、
またまた 加工をお手伝い。
眠い目をこすりながら起きて、丹波太郎に配達して、帰って来て5時過ぎ。
この頃は、作る量が少ないので、早くできるのだ。

起きる時間を遅らせたらいいのに、同じ時刻に起きるので、全てが早くなる。
朝食が終わって、6時前。
今朝は、お地蔵さんにお供えの花や「しきみ」を切る。
顔を洗って、テレビ体操をして、・・・・・・・・

7時過ぎに出て、9時半ごろに帰って来て、パッチワークのおけいこ。

先日、同級生に出会って「凄いなぁ」と、感銘を受けた私は、
そうだ。
忘れていた。・・・
もっともっと、一日一日を大切に生きなければ・・・・・

おけいこも、もっと真剣に取り組まないと・・・・・・・・・・・・・・・・

おけいこを真剣に習うんでなく、その「姿勢」が大事だと思うのであります。

そういえば昔あったなぁ・・・・
「合えなことが悲しいんでなく、合えないと思う事が悲しい」・・・なんて歌が・・・・

真剣かぁ・・・・「真摯」という言葉を思い出した。・・・・・・・・・・・・・・・・・6:55

3人でお買い物

明日の、お地蔵さんにお供えする、お花と果物とお菓子を買うために、
近くのスーパーに行くことにした。
娘もついてくると・・・・
するとパパが、
「僕も欲しいもんがある。いいわ。コンビニに行く」と言うので
「あなたもきなん」と3人で行くことに。

パパは、「かりんとうやチョコレート」
娘は、夕食の材料。
私は「スイカ」をかごに入れる。

三人三様にお買い物をして、レジで一緒に・・・・

パパもご満悦なスーパー行きでした。

スイカは我が家で育てているのは、今年は、出来るかわかりません。

体に良いものがたくさん含まれているとかで、
パパは、カリウムが多いで食べられませんが、娘と
「今年はたくさん食べようね」と話している。

それにしても、パパは可哀そうだなぁ・・・・・

美味しいもんが食べられへん。・・・・・・・・・・・・・・・・18:46

それにしても、
お肉は、今週中に美容院に行くので、専門店で買うということで、
豚肉の「とんかつ」用の肉を3人前買っていただけなのに、
15000円で、2000円のおつりが無かった。
先日友人が、お米を3袋買ってくれたので、
「お母さんが1万円出したげよ」と言ったけど、
なんでも高いなぁ・・・・・

食費がこんなに高いと、子育て中だと、主婦できないわ。

日本はあんなにたくさん、負債があり、子供の数は減っていき、
お金持ちは、そんなこと何も心配ないだろうけど、

消費税は、まだまだ上がっていくようだ。

生活できないわ。・・・・・・・・・・・・・・・・18:55

おしゃべり

日曜日は、月に一回くらいのペースで、
近所の6歳年下の女性の所に、おしゃべりに行く。

ご主人は同級生で、まだまだフルタイムで仕事をしていて、
彼女も(奥さん)午後の4時間お勤めだ。
59歳の時に、退職していたが、まだ お母さんが元気で、お家に
二人の女性は要らない。 ということで、
また 仕事に出られたのだ。

午前中に8時前から、田んぼを見て回り、10時より2時間。
おしゃべりをした。

国政の話はしないが、
「65歳で、一人1000万円貯金があると、介護サービスが受けられへんらしいよ」
とか
「70歳からの、医療費は2割負担やて、今1割の人はそのまま1割やて」
といった話から、
「落花生初めて植えてん、あんたも植えてるやん」といった話まで。

言葉が出てこない。
近所の人の名前が出てこない。

しかし
脳が活性したなぁ・・・・・

また 来週も行こうかなぁ・・・・・

またまた おしゃべりの出来るところを探して、出かけて行こう・・・・・

何よりも自分のためだ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17:55

刺激

先日出会った同級生は、
「お習字」のおけいこを週に3回。
イソライトボイラーの代理店をしていて、午前中は、事務所に張り付き。
午後は、電話の子機をもって、家庭菜園に・・・・・
美容室に勤務する娘さんとの、3人暮らし。
主婦もしっかりしているようだ。

偉いなぁ・・・頑張ってるなぁ・・・・・・

刺激を受けた私は、
パッチワークのおけいこの、ノートを取ることを、考えた。

ただ先生が言われるように、何も考えないで、「くしくし」縫っていただけ。でしたが・・
ノートに起こして、自分のものにしよう。

先日も先生が、
講師免許も取れますよ。と言われた・・・・
とてもとても・・・・と思っていたけれど、
頑張ってみようかなぁ・・・・
仕事持ってるからなぁ・・・・・・・・・・

今は、自分に出来ることを、ちょっと頑張ってみよう・・・・・

そんなわけで、
日記が、書けない日が、続くのです。

加工の、お餅やおはぎは、ぼちぼちおしまいです。

また新米が取れたら、始まります。

お休みになると、朝は5時から6時の間に、目が覚めたら起きる。
という日になりますが、たぶん5時起きでしょう。

今日も5時20分ごろに起きましたが、
一日畑仕事をして、疲れて、もう 眠くなっています。

9時には寝る予定です。・・・・・・・・・・20:38

同級生

今日は初体験。
同級生と車で20分くらいの所で、ランチをした。
外ご飯は、梅田。と決めていた。
というか、このような田舎で食べたくないわ。 と思っていた。

ところが、

私が大阪に住んでいたのは、40年も前の事。
しかも たった8年。
それを考えると、もっと地元になじんでもいいじゃん。と 思った。

そこで
同級生に電話をしたのだ。
彼女も「行ってないんよ」とのことだった。
お家で仕事を持っていて、しかも
週に3日は、お習字を教えていて、自分の時間が持てないようだった。

「この頃、疲れやすくなった、なぁ・・」

同い年っていいなぁ・・・・・
小学5年の時に、尼崎から越してきた。
すぐに仲良くなった。
彼女のお家の前で、写真を撮ったことがある。
誰がカメラマンだったのだろう。10歳の時なので、56年前の事か。

「また今度は、**ちゃんも誘おうか」と、言って、さよならした。

元気をもらったなぁ・・・・・

明日から、頑張らなくちゃ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18:46

続きを読む

2000万円

私の情報は、ラジコなんですが、昨日
75歳からの後期高齢者は、自己資金が2000万あるとそのサービスが受けられない。
と言っていた。
ラジコのパーソナリティは、自己資金を他人に知られることに、重点を置いていたが、

私が思ったことは、
団塊の世代は今、普通に2000万なんて持っていると思う。
私は、お家を建てて、今はないが、75歳までに、仕事さえできたら、
貯められる金額だ。
なけなしの年金から莫大な「介護保険料」を差し引かれている。
そうやのに、頑張って残した、貯金があれば、サービスが受けられない。

私は長女と同居なので、名義を変更すればいいのだが・・・・

75歳で、2000万円は、貯金しないことにする。
使えばいいのだ。

国って本当に・・・・どうなっているんだろう・・・・・

恐ろしくて、怖い国になってきた。
まるで、お隣のようだ・・・・

そこで
思い出したけれど、ギリシャが中国になる。とあったけど、
どうなっただろう・・・・
香港の二の舞になるのか・・・・・・・・・・・・・6:55

パパの実力

続きを読む

野良仕事

苦の道と楽の道があれば「苦」の道を歩こう。
そう判断して、昨日と今日は、畑の草引きをした。

足が痛い。しゃがんでばかりなので、足がだるいのだ。
そして 手の指も痛い。

それでよしだと思う。

昨日も今日も、ラジコで野球放送を聞きながら・・・・
なにしとんねん。オリックスにあんな負け方しますか?

今日は本当なら、加工はお休みだったけど、
法事のお供えの「おはぎ」を作った。
5時前に起きたのだ。

阪神負けるし、疲れたし、もう寝ようかなぁ・・・・・・・・・・・・・19:38

草引き

今日は一日、畑の草引き。
007_20150613171956b45.jpg
これは、落花生です。
周りの草を引きました。綺麗になった写真は、(草を引いて)またアップします。

006_2015061317195543b.jpg
これは、こんにゃく。

005_2015061317191747c.jpg
これもこんにゃく。

004_20150613171916b02.jpg
これは生姜。

003_20150613171915e0e.jpg
そして小芋。


ラッキョウを一株だけ引いてみました。
軽く塩をしました。
あまり美味しかったので、写真にとりました。
001_20150613171913501.jpg
大きくしたら、食感が悪くなると、タキイさんに言われたので、
あまり肥料を与えないで、育ててみました。
かりかりととっても「グー」です。
嬉しいなぁ・・・・
来年は、もっとたくさん植えよう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17:30

イタリアン

車で15分くらいの所に「イタリアン」のお店が出来た。

地元では、食事に行かない私ですが、
今日は、お店の近くの同級生に電話をかけてみた。
「行ったことあるん?」
「周りの人はみんな行ってるけど、私はまだやねん」
「そうなん。私も、パパと行こうとしたら『ピザ嫌いや』言うしね」
「ほんなら、行こうか」
彼女は、月曜と金曜は、お習字のおけいこをしているようだ。
教えているんや。

仕事をしているので、
二人の合う日が、なかなか見つからなかったが、なんとかして
来週行くことにした。

近くに住む、同級生やお友達と、近くで食事をしたら・・・・・

なにも「コシノヒロコ」を着て「ビトン」を持つ必要が無い。

もうすぐ70歳。
何もお金をかけなくても、楽しめるではないか・・・・・・・・・・19:22

羨ましい話

昨日友人は、3人で仕事をしていたのを「羨ましい」と言った。

その彼も、ケアマネージャーの奥さんは、「今日3時で帰ってくるねん」
お誕生会をされるとか。
また
「この頃調子いいんや」
奥さんのお母さんの調子がいいので、僕まで元気になって・・・・・という。

羨ましい。この言葉を、そのまま「彼に返そう」


今日、近所の友人と、またしても「早すぎる死」を悔やんでいた。
すると友人が、「(お互いの知人)は、この頃ご主人といろんなところに行かれているらしいよ」
ご主人が、軽い痴呆で、その知人は、いろんな集まりをキャンセルして、
旦那様とお出かけのようだ。

賢くて何でもできるその人を、私は、もの凄く尊敬している。

この話を伺って、また彼女が好きになった。
凄いなぁ・・・・・

それぞれに、それぞれの、人生がある。
しかし
最終章を、このように生きて行こうとされる、彼女に、感銘を受けた。

私も不平不満を言ってきたのは、若かったからだなぁ・・・と。

終わりよければすべてよし。としよう・・・・・・・・・・・・18:38

残りの人生

友人が亡くなって、どうも体調が悪い。

午前11時ごろ、親娘の3人で、トマトにビニールをかけていた。

そこに
豊中の友人が「今日は僕の誕生日」と電話があった。
「3人で作業していて、今 取り込んでいるのよ」
「この頃は、パパと一緒に仕事をすることにしているんです」
「羨ましい」

「違うんですよ。パパが病気になったり、近所で一つ年上の奥さんの
旦那さんが、急死されたりして、思う事があったのよ」
急死されたのは、もう7年か8年くらいになるが、
朝元気に仕事に行かれて、3時ごろ「ちょっと気分が悪い」と言われて、
すぐに、倒れられて、7時ごろに亡くなられた。
亡くなられた時は、さほど思っていなかったが、2年くらい前に、パパが
透析だと、大騒ぎした時に、
「このまま、もしものとこがあったら、かなんやん」と、その奥さんにいうと、
「かなん、なんてもんやないよ」と言われた。
今でも、夜眠れない日があるようだ。
ご主人に、結構きつく当たられていた。

今回、友人が亡くなったりして、感じることは、
「今の自分が幸せだと、感じていないのだ」
豊中の友人は、「なんとも思っていないんだ」と言った。

夫が退職して、お金はないけれど、豊かに暮らせる日が来た。
しかし この毎日は、当たり前の日々なのだ。

違うんですよ。
この当たり前だと思っている生活は、もうすぐ、壊れるのですよ。

そのことに気が付いたのです。

だから
少しでも、自分で、この幸せを、感じよう。としているのです。

そうなのだ。
豊中の友人が今日言ったように「なんとも思っていないのです」

違うんですよ。思っていなかったら、あかんのですよ。

パパにも、そして 自分にも、「ありがとう」を言いながら、生きて行こう。と思うのです。

もうすぐ壊れてしまう。この 普通の生活が、少しでも素敵なものになるように・・・・・

そんな人生しています。
パパの布団にワン
そんなパパが「今日は良いお天気になる」と
お布団を干そうと、玄関に持ってきました。
娘と二人で、ワンに「おいでおいで」をして、
座らせました。
こんな悪戯は、普通にやってます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・19:33

連れ合いの死

5月25日に友人が亡くなった。

その旦那さんから電話があった。
「泣いていても仕方がないので、黒豆を播こうと思って、いつ頃が播くんや」

最初電話が鳴った時は、出られなかった。
おけいこ中だったし、なんて答えたらいいのか・・・・・・・

お家に帰ってから、呼吸を整えて、こちらから電話をかけた。
なんて言ったらいいのだろう・・・・・・・・

「もしもし」と言うと、元気な声が聞こえてきた・・・・・・・・・・・

泣きながら、いろいろ話された。
「こうして久しぶりにしゃべって、気が晴れた」ということだった。

どう考えても、どう思っても、仕方のないこと。

しかし
人生は辛いなぁ・・・・どうしてこんなに悲しい生き物なんだろう・・・・

「あなた。ちゃんとせんとあかんよ。私が先に死ぬよ」
先に死んだ方がいいなぁ・・・
辛すぎるもんなぁ・・・・・・・・・・・・・

まだまだ元気が出ない、ちよえちゃんです。・・・・・・・・・・・18:48

ストレス

昨日のテレビの、「ストレスを溜めやすい人」特集をみた。
(元気の時間)

先日友人が、「鬱」が原因で亡くなっているので、ちょっと見ることにした。

私は、たぶん、仕事では「ストレス」はたまることはないだろう。

一人で好きな事をしているからだ。

もう 人生の仕上げだ。

ストレスを溜めないように、努力して人生しなくちゃ・・・・・

ところで
昨日カバンが完成した。
002_20150608171837ccd.jpg
001_2015060817183660e.jpg
ピントがぼけてしまっているけれど、
3個目が完成したのだ。嬉しいなぁ・・・・・・17:21

ハウスのビニール

今日は男性7人にお願いして、ハウスのビニールを落とした。
パパが「マイカー線は落としとけ」というので、昨日強風の中で、ビニールを
押さえている線を落としかけた。
ところが
あまりの強風で5本に1本を残したのだ。
それで
今朝7時前にハウスに行きみなさんが来てくださるまでに、
娘と二人で頑張った。

パパの動機は、
「男性ばかり来てもらうと、楽な仕事に1000えんも払うのもったいない。
女性も来てもらえ」
というところからきている。

「おんなじやで、11までの3時間で3000円をもう袋に入れてる。
はよう終わったても、同じやで・・・」

私の本心は『あまり細かいことを言うので、けしかけたんだけど』
見事に乗ってきて・・
「なんでそんなことするんや、奉仕作業しとる・・・
わしらぁ・・えらい目しとるのに・・・」
ぱぱが、ちょっとかわいそうだったけど、
皆さんに、電話をして即「OK]を頂くことの心地よさは何物にも代えられない。

あんのじょう、9時に終わり、休憩をしてから、パパは雨が降るとやる予定だった、
箱を片づけたりをして10時に、終わった。
1時間分多く支払ったけど、また来年、私もパパも元気だったら、
この人たちに助けていただいて、水稲の育苗をしよう。

わーい。終わった。・・・・・・・・・・・・

雨だ。午後はパッチワーク。・・・・・・・・・・・・18:50

はぴぃe電

老後をは文化的に暮らそうと、はぴぃ・・に契約をした。
深夜電力は1キロ7円。昼の一番高いのでも27円だった。

近所の関電に勤務する人の話では、はぴぃ・・は「赤字」だそうです。
いくらたくさん使ってもらっても、わが社は嬉しくない。

あれから4年。
今回の値上げで、深夜は倍の13円台(限りなく14円)
昼は、38円台。

どういう事なんだ。

これは、詐欺ではないのか。
関電は、詐欺だ。
お国とこのような企業は、こぞって詐欺だ。

仕方がないので、昼食は無灯火で・・いろんなところを
LEDの電球にして、防衛しているが、
関電に腹が立って仕方がない。

今回の年金ではないが、この国もギリシャと同じようなもんだなぁ・・・・・・・・・・7:02

待ってたよ。

やっとこせ、雨が降りました。

朝の7時で、もう小雨ですが、それでも 畑は湿り気をもらいました。

やれやれです。

006_20150603070926524.jpg
荒野に夏のお野菜を植えてしまいました。
昨年の豪雨で、畑の養分は全て流れてしまって、代わりに、山の赤土が入ったのです。

毎年と同じように、牛糞堆肥をたくさん播き、リン酸やカリを撒き、苗を植えました。
しかし いつもでたっても、大きくなってきません。

気が付いたのが、雨の降らない土ががらがらの時。
どうしようもありません。

この雨で少し元気になるでしょうか・・・・・

004_20150603070925df2.jpg
002_201506030709232a1.jpg

最後に農業倉庫の前で、綺麗に咲いています。
008_20150603070927403.jpg

なれそめ

20年前。
大阪で4つのグループに属し毎週集まりに参加していた。
その中に、不動産鑑定士の田村さんと言う人がいた。
頭のいい人だ。
たとえば、大阪ガスの部長さんが亡くなられて、「塾塾」というグループで
6,7人で弔問にいった。
駅を降りると地図を見て、ここだ。と言われて・・・
へぇー、この地図で分かるの・・・・と感じたものだ。

その田村さんが、いつだったか
「あんたが言うてた、仕事に力になってくれるだろうから」
紹介してくださった。

初めて会ったのが、夏だったのだろう(覚えていないが)
ごちそうしてくださったお礼に、「夏の野菜」を送った。
「嫁にどういう関係なんや」言われた。といった。
「男と女の関係や。言うといて」・・・・・
そのような感情は、とうの昔にどこかに置き忘れてしまっていて・・・
でも、この言葉が自分の口から出てきたことに、私もまだまだ捨てたもんじゃないわぁ・・

そして
秋に稲刈りを見に来てくださった。奥様が
お父様がご病気で、毎日奈良まで行かれているとかで、
ずーっとすれ違いで、
「主人とこんなに会話したのは、久しぶりなの」と、話された。

そこから
長ーいお付き合いが続いているのだ。
彼のフットワークの軽さが、長く続く理由だ。
5月の3日も、朝7時に我が家に仕事のお手伝いに、もう何年も前から来てくださっている。
今年は、苗配達が減っていて4日は、お願いしなかったが、
昨年は、3日、4日とお願いした。
豊中から来てくださるのだ。

さて
今日はパッチワーク。おけいこだ。
なんとなくだるくてしんどいけれど、頑張ってこよう・・・・・・・・7:22

モチベーション

8年前の1月。
前の年の11月末に建前をした加工所が出来つつあった。
「何の目的も無くこんなもん作ったけど・・・何を作って売ったらよいんや。
この丹波に日本一のもんはあるんか。そうや 小豆や」と思いついた。

人間とは、「どうしてもこれがやりたい」が25%で。
私のような、せっぱつまって思いつきが、75%ではないだろうか。

普及センターは「専門家に教えていただいてください」と言うけれど、
知り合いがあるわけで無し。
思いつきで、どうしたらよいんや。なんとかなるやろ。

「運の強い」というか、恵まれたというか。

1月1日に訃報をメールで頂き、即「香典」とお供えに当時栽培していたイチゴを送った。
その方が、1月末に、香典返しに「お菓子と果物」と言っても形だけだけど。
来られた。
建ちかかっていた、加工所を見て、だって住居そのものだったから・・・・・
「これはなんですか」と尋ねられた。
「おはぎを作るんです」
「それなら、亡くなった嫁の親が、和菓子屋をしていた。教えていただきましょう」
話はとんとんと進んだのだ。

プロに教えていただいた。

豊中の友人が「これは凄い」と言って下さる。
昨日も電話で「飽きがこうへんし・・」と
彼は、どうも親しすぎるのか、実感が伝わってこないが。
そうなのだ。
しかも 彼が、大の甘いもん好き。
昨日も、前の日に差し上げたおはぎを、お姉さんの所に持って行った。と言われていた。
お姉さんも大絶賛してくださった。

さて
日本一の食材と、プロに教えていただいた、餡子の炊き方。
次は、この味を全国に売って出るしかないのだ。
しかし
67歳。
Windows95のホームページなら毎月書き換えた。
しかし
今は、なんのこっちゃ。だ。

多分血のにじめような努力を要するだろう。
やろうか。娘任せにしようか。努力してみようか・・・・・

別に、全国に売らなくても、今のままで、生活は出来るのだ。

さぁ・・・・・

どうしよう・・・

和歌山の先生は、やる気になってくださっている。

豊中の友人は、書いたように、親し過ぎてありがたみは、あまり感じてないが、
餡子の時も、今回の和歌山の先生も、繋げてくださったのだ。

彼の方に足を向けて眠れないなぁ・・・・・・

ありがとね・・・・・・・・・7:32
プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード