ありがとうをあなたに

朝方、風邪が治りきれてなくて、ぼーっとipadでゲームをしていた。
何故か、足首が冷たい。
靴下カバーと裏フリースのズボンの間。
約5センチから10センチ。

「そうだ。レッグウォーマーを編もう」
今編みあげて、とじを始めた。
今日は、それでも忙しかった。
パパが「裏の山で「うらじろ」取って来てくれ」という。
本当ならパパが行くのだが、山登りはもう無理だろうなぁ・・・・・

そういえば、入社一年目の夏
パパは山登りが趣味だった。友人が「**さん(パパの事)
7000円もする登山靴買ったんやて」と言っていた。
まだ私たちは出会ってなくて「そーなんや」と思ったことを今も覚えている。
そんなパパが、裏山さえも登れない。可哀そうだなぁ・・・・・

白を基調にしたこのお家は、住み始めて5年。
昭和61年に、古いお家は新築したのだが、
その時と今の、一番大きな違いは、掃除グッツの進化だろう。
電気代を節約して、暗い目にしていたところの汚れが目立ったけど、
シュシュとして拭くときれいになる。
お掃除が楽しい。

本当に、いろんなことが確実に進化している。

新しいものをいち早く取り入れて、利用する。
大切なことだ。

さて
今年一年いろいろと、大変お世話になりました。
ありがとうございました。
来る年もよろしくお願い申し上げます。……………2015年12月31日17時5分
スポンサーサイト

明日で終わり

明日は、朝早くから「頑張るわぁ」と娘が言う。

近所の奥さんから丸もちと餡子餅の注文が入っている。
そのお餅を午前中について「仕事納め」だ。

今年は良く頑張った。
本当によく頑張った。

私は油断して風邪をひいてしまったけれど、
この風邪が治ったら「学習して」以後気を付けよう・・・・

お家の中で「ごろごろ」することの「しんどさ」知った。

早く元気になって、
良く食べて、大きな声でしゃべって、人の悪口(と言っても本当の事だ)
を大いに言って・・・・
そして、仕事をしよう・・・・・・

「明日春が来たら・・・・」だ

今夜は、
娘たちに「ふかさんがどこかに、お出かけしてはったけど、今日
帰って来たったんや。また ふかさんようけ食べてやで」

ふかさんが帰ってきたら、もう大丈夫・・・
と言いたいが、咳は同じように出る。声も出ない。
しかし
山は越えたかなぁ・・・・・・・・・

近所の「悦ちゃん」から、しごとのオファが来た。
私だけが儲けるのでなく、コラボを組んで、やって行ったらどうだろう。
娘に残せるような何かを。

来年は、そんな 一年に。
そう ある意味で元年にしたい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・19:13

風邪ひいてます。

とうとう24日から、寝込んでしまいました。
と言いたいところですが、
24日には、丹波太郎出荷のお餅つきをして、
昼は、黒豆をして、午後3時ごろより、
パジャマに着替えて、ベットに。

25日も同じ。
26日は、昼間、豊中の友人が、
「そんなにおいしいのなら、その餅つき機でお餅ついてもらおうや」ということで
「5升洗っといて・・・・」
4升を丸もちに、残りの一升は、鏡餅に・・・・・
友人夫婦が帰られて、少し休んで、
「ガイヤノ夜明け」を1本みる。

そして今日。
午後に、近所のお宮さんに依頼された「鏡餅つくり」
後は、自分の寝室が、和室なので、
お正月に妹が来てお参りをするので、掃除掃除・・・・・・
そうそう 午前は、年賀状を買いに行った。

その後
年賀状作り。
まず、今年の写真から気に入ったものを探して、
2016年年賀として、ファイルに入れる。
筆王を立ち上げて、写真を張り付けて、コメントを書きながら
仕上げていく。
今年は、パパの九州旅行の写真と、パッチワークの写真。
餅つき機等の写真を張り付けた。
印刷は、娘任せ、12月に買ったばかりのプリンターは
私には使えない。

今夜は、次女が帰って来たので、デパ地下の美味しいおかずと
チキンとチーズケーキ。

戦後70年。韓国はどうもおかしくなっているようだけど、
日本てなんてすごいんだろう。
こんなに美味しいものが、こんな田舎もんでも食べられる。
戦後、誰が頑張ったのだろう。
そうだ、日本人全てが頑張ったのだ。
輝かしいことだ。

余談だが、誰かがでっち上げた話で、お金をもらって
「握手」している、国のトップがいる国と、大きな違いだ。

いろいろあるけれど、団塊の世代が歩いてきた道は、
ある意味間違っていなかった。

明日からも頑張ろう。
病気にならない程度に・・・・・・・・・・・・・19:09

風邪だよう

ここ年々も風邪なんてしいたことが無かったのに。
やはり 忙し過ぎたのだろうか。

ゆっくりしたいが、
あっちこっちから電話が入り、丸もちの注文だ。

娘がしきっているので、私は把握していませんが、
30日まで仕事がびっしり。

新年は5日からおけいこが始まる。

もう
お風呂に入って、ベットに入る。・・・・・・・・・18:15

公務員

マイパパは、元国鉄の職員だった。
3公社5現業という準公務員。

本当に、
この世の中いろいろだと思うのは、
このパパが、仕事が嫌で仕方ない。
パパの姉が「真面目だけが取り柄」と言われていたが、お勤めは
真面目にこなしてくれた。
あの、震災に日も、3つ先の駅で夕方まで、列車の中にいたようだ。
「今日は出社だからどうしても行かなくちゃ」と思っていたようだ。
(あの日、そんな人は多かったが)

私が、この週末までにやり終えないと、と、
黒豆を実にしている、傍で、話しかけに来る。
「手伝って」というと、「いやや」という。
私がこんなに頑張っているのに「嫌や」という。

もちろん
無理に手伝ってくれとは言わない。
余生だから、好きな事をすればいいのだ。

この世の中には、仕事の嫌いな人がいてるなぁ・・・・
と・・・
娘も「お父さんに手伝ってもらうくらいなら、一人でやる」という
「嫌そうに、のろりくらり・・」というのだ。

そんなパパの生き方も、認められるようになったのは、
年のせいかもしれない。・・・・・・・・・・・18:40

クリスマス

小さな子がいない我が家は、クリスマスといっても何の変化も無い。
サンタさんなんて、とーい昔から、いないに決まってるやん。

パパと娘は「EOS]を買ったし、私は春になったら「お財布」を買う予定。
今度のは、三つ折りなので、今持っているのも持とうとしている。
ルイビトンの真っ赤。かわいいでっせ。

そうそう
お出かけしていた娘が、
デパ地下で、おかずと菓子パンと、
今日はクリスマスには「早いけど」といって「ケーキ」を買ってきた。
私は娘が夕方帰って来るときは、いつも菓子パン。
パパは、ご飯だというので、おかずを買ってくるのだ。

デパ地下の美味しいパンを、年に何回かごちそうになる。

都会に住んでいる人に比べたら、
デパ地下も、美味しいケーキも、年に何回食べられるかわからへん。
しかし
こんな田舎に住んでいるんだ、
これで良しとしよう。

もうすぐ、娘が美味しい紅茶を入れてくれる。

「メリークリスマス」だ・・・・・・・・・・19:37

快適生活

今日は娘が博多なので、早起きは無し。
5時半に起きてくると、お部屋の温度は19度。
少し寒い。
エアコンが入れてある。
11月の検針で9000円だった電気代は今月16000円になっていた。
廊下の電燈はセンサーになっているが、元を止めておくと傍に行っても
灯りはつかない。お手洗いもそうだ。
昭和20年代生まれの私は、自然に「しまつ」をしてスイッチを切ってしまう。
先日も、パッチワーク教室でアイロンの電源をついつい切ってしまい。
「青木さん、ほっておいたら切れるよ」と言われてしまった。

快適生活にはお金がかかる。
でも、今はお金さえかければ、快適生活が出来る。
丹波の山奥のこんなところでさえ、お家の中は、一年中同じ温度に出来るのだ。
これは、果たして幸せなことなのか。

先がた、6時過ぎにニュースで、今年の予算が発表・・・と言っていた。

こんなことでどうするんだろう・・・・

隣りの二つ下の幼馴染が、先日実家に帰って来て言っていた。
「孫たちが、自給自足の生活が出来るように」
そうかもしれない。
50年後には、また 昭和20年代の生活に戻るかも。

だって
年金はもうすぐなくなる。国にもお金が無い。
ドルがあんなことになれば、東南アジアで「ドル」を借りている
国たちは困るだろう。
そうすると、日本のどんなに良いもんも売れない。
アメリカ一人勝ち。

そこで私は考えた。
昭和20年代を知っている私たちは、快適に暮らしてもいいんだ。
しまつして、貯金などしないで、
この国のように、どんどん使って、後は知ーらない。・・・・・・・・・・・・・・6:35

貯金

娘と農協の金融に出かけた。
頑張った今年のお金の余った分を定期にしたのだ。

お金はあまり貯めたくない。
何故なら、その昔パパが病気になり
癌でしかも二か所。

もうこんなところには、住めない。と都会に行くことを希望した。
しかし
いろいろと反対もあり、家を新しくしたのだ。
「お金は貯めてはいけない」
ところがだ。
パパの年金も少ないし、私は国民年金なので
二人で一か月20万余りだ。

こんなお金でどうして暮すのだ。

働けなくなった日のためには、貯めないと駄目だ。

そこで
貯めることにして、3年目。

そりゃあ、お金は出来ますよ。
どれだけ働いていると思いますか。
仕事が楽しくてしょうがないんだもの・・・・・・・・

娘は明日の午後に、次女の所に行って、
19日は博多の「嵐」だ。
「人気が無くなってん」申し込んだ分が全て当たった。
友人は東京も札幌も・・・・・・・・・

あんな口ぱく・・・というと、
若い時の歌で、CDが流れたりすると、会場がざわめくねん。とのこと。

私も早く早く、夢中になる人を見つけないと、
もう、老いぼれてしまう・・・・・・

今はパッチワークに夢中ですが・・・なにか・・・・・・・18:31

水素水

日曜日の朝7時から「水素水」の話をしていた。
「すぐ買おう」ということで、ペットボトルに差し込んで
水素水を作る機械を買った。
昨日の2時ごろに、荷物が届いた。
早速、前の日に買っておいた、
ペットボトルに差し込んで・・・・・・・・・・・

昨日は寝るまでに500ミリくらいのみ、
今日も500cc位のんだ。

錆びた体がリセットされるかなぁ・・・・

元気になれば、もっと仕事がしたいなぁ・・・・

働くことが楽しい。
でも
考えたら、後、何年くらい仕事が出来るかなぁ・・・・・・・・・・・・・18:25

ゆず茶二日目

水にさらしておいたゆずを火にかけて沸騰させます。
ゆず1
沸騰したら
2ゆず茶
ざるにあげて、湯でこぼしを4回。
午前中の作業が終わりました。

午後は、昨日絞った「しぼり汁」と午前中にあく抜きをした皮と
その重さの同じ量のお砂糖を入れて、
種をお茶パックに入れて、ゼラチンの代わりに炊き込むのです。
3ゆず
そして
少しして、種を取りだし、
もう少し煮詰めて
ゆず4
出来上がり。

おかしいなぁ・・・・
一番最初と最後が同じ写真のようです。
今夜はもう寝たいので、また調べておきます。
ごめんなさい・・・・・・・・・・・・・・・・・・20:40

ありました。
湯でこぼしをする前です。朝8時半。
yuzu.jpg
色の違いを比べてください。・・・・・・・・・20:45

ゆず茶つくり

本当はクタクタで、休みたいけれど
「お母さんてつだってや」と言われていたので、仕方なしに
お手伝い。
しかし やってよかった。
娘はこんな大変なことを毎年一人でやっていたのか。
1ゆず茶
ゆずは全部で買い物かごいっぱい。
それを洗って。
2ゆず茶
半分に切り絞ります。
3ゆず茶
4ゆず茶
ゆず茶5
種と皮と汁に分けて、
ここからが大変です。
皮の白い部分をこそぎ取ります。
6ゆず茶
この仕事に約4時間くらい。

取れました。
7ゆず茶

これを
スピードカッターで細かくして、水にさらして明日まで起きます。
ゆず茶9

明日のお出かけは、お断りしました。
ごめんね。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17:29

暑いですか?

風邪が治りません。
汗が出て、寒くなって・・・・・

黒豆を実にする作業をしています。
今年は、9月の雨の影響でしょうか。品質が悪くて。

小豆はとっても良かったのに・・・・・・・・・・

午前に2時間。午後は一時間。
品質が悪いので、気持ちが乗りません。

くたくたに疲れました。

お風呂に入って寝ることに・・・・・・

何が面白いのか、何が楽しいのか。
毎日毎日、仕事仕事。
しかし それが楽しい。
パッチワークも順調。・・・・・・・・・・・18:38

嫌になること

先日
「お母さん、編み物やめるねんて」娘が、寝付いたところに
やってきた。時計を見ると、午後8時41分だった。
「そうか」「明日電話してな。かけさせる言うたから」「そうか」
・・・・・・・・・すっかり寝ぼけていたけれど、
その後、目がさえて眠れない。

友人で6歳年上の男性が、おへそのすぐ上に握りこぶしくらいの、
塊がある。「リンパ腺にも移転してるらしい」と言ってきたのは、
5年以上前のことだ。
大腸がんであろう塊を、パパは触らせてもらったが、私は気持ちが悪くて
さわれなかった。
独身の彼は、実家に「戦死したおじの近くに埋めてくれ」言うてきた。
とのことだった。
すっかり死を覚悟していた。
ところが 抗がん剤が良かったのか、今も生きている。
元気に飛び回っているのだ。

編み物の先生も、同じのようだ。

ただ
『生徒さんに迷惑がかかるから」というのが理由だけれど、
精神的に参っている様子。

私も先生と同じくらいに参っている。

先生は年下だ。
昭和53年ごろから、ずーっと習ってきた。
先生の方は、一人の生徒にすぎないだろうが、
私にとっては、週に二回先生の所に行くのが、
楽しみだった。
その先生が、病気もだが、精神的に大変の様子。

あーぁ
私は、なんの力にもなれない。

気分のすぐれない、年の瀬だ。・・・・・・・・・・・19:01

金星と月

パパが「もっと近いのかと思った」と、10年前の EOSKissに独身時代に買った、
望遠をつけて、お外に。
003_20151208060041f9b.jpg
望遠もそしてカメラも古いですし、一級品ではありません。
しかし
こんなに映りました。
これで良しです。いかがでしょう・・・・・・・・・・・・6:05

新しいカメラ

新しいカメラ
001_20151206172110781.jpg
娘が白というので、白に。
10年前に買った時も「キャッシュバック」がありましたが、今回も、
ファインダーとレンズの全てを買ったので、(私がお買い物をしていないので
はっきりしたことはわかりませんが)たぶん2万円のキャッシュバックがあると思います。
この2万円大きいでしょう・・・・・
プリンターも買ったのですが(同じキャノン)
23000円程度の分で2000円のキャッシュバックがあると娘。
ヨドバシで買ったので、ポイントと合わせて、なんか得したみたい。
ところで
娘とパパが写しました。
良くなっていますか?
IMG_0005.jpg
IMG_0009.jpg
IMG_0011.jpg
IMG_0001.jpg

今朝がた、まだ仕上がっていないタペストリーを写しました。
IMG_0014.jpg
レンズ込みで10万円以下のチャチイカメラです。
我が家には十分なんですが、どんなもんでしょうか?・・・・・・・・・・・・・9:00

落とし穴

又吉さんが、三枝さんに「落とし穴のよけ方を知る人」
こんな色紙を送っていた。

よくわからないけれど、そうなのか。

まず
大先輩の成功している人だから、どんな言葉でもあっただろうに、
あえて、落とし穴。

私も今プチ落ち込んでいる。
出荷先から、お金が入らないのだ。
いろんなことがあるから、仕方のないことだし、
連帯保証人のような金額でないので、プチなのだが・・・・
1個80円で出荷しているあんころ餅を、
娘とせっせせっせと作ったのだ。残念極まりない。

そんな私の心を知らない、家族の他二人は、EOSM3のカメラで盛り上がっている。
「お母さん用に、(ファインダーっていうんですか、3万弱もする覗くもの)買ったよ」
しかし
「お母さんは、よう使うてない。古いのを使いな」と言われている。
10年も前のだから
「お母さん全然違う。これはいい」ご満悦だ。
「娘に負けて「白」にした」とパパ。

家族の真ん中で、決定権の全てを握っていたのは、
もう 昔話のようだ。
仕方ない仕方ない・・・・・・・・・・・・・・・・・5:56

パパのカメラ

何年も前のセロリーの種が出てきて育てたんだけど、
やはり良いものは出来なかった。
そのセロリーを2日に鋤き込んでもらった。
そこで、せめて一度だけでも食べようと、少し持って帰った。
今料理をしてくれている。
コンソメスープ。

前から欲しい欲しいといっていた「カメラ」が
ヨドバシさんから届いた。
パパは「安いのんでよい」いつも言うセリフだ。
「娘はEOSのM3の白い方」だといっていた。
私は、蚊帳の外だった。
そこで
先日京都に行ったときに、駅近くのヨドバシに行き、
詳しく教えていただいた。
私もよーく解った。

「レンズを交換しないなら、一眼レフより、コンパクトの方がいいですよ」
そう言われた。
そうか、・・・カメラそのものの値段はあまり変わらなかった。

しかし
我が家では、娘にパパが負けた。
一眼レフの白い方。
2万円ほどのキャッシュバックがありそうだが、
「高いのう高いのう」を連発。

話はそれるが、同じ買うのに、不服そうに「高いのう」を
連発するよりも、欲しいものを、思い切り楽しんで買えばいいのに・・・
お買い物って楽しいですよね。
可哀そうなパパ。

ヨドバシってほんとすごい。
昨日の夜注文して、先ほど届いたのだ。
その上ポイントが付くので、大歓迎。

しかし  しかしですよ。
「お母さんは、古いのを使いや。よう使い切ってないで」
と言われました。
どう思われます。

いいですよ。
上手に写せないんやから。それでいいですよ。・・・・・・・・・・17:25

俳句

来週の水曜日は句会だ。
今年5年目に入った私も、少しだけ上達したのか、苦労しなくても、5句が作れるようになった。
その5句が上手にっできているかというと、必ずしもそうでない。
二か月に一回くらい先生が一句だけは取ってくださるようになった。
やはり「継続は力なり」だ。
それにしても、昔の人はうまいこと言うなぁ・・・・・・・・・・

このまま後5年もすると、上手になること間違いなし・・・なーんちゃって。

少しだけれど、楽しくなってきた。
嬉しい嬉しい・・・・・・・・・・・・・・

昨日の丹波そして、我が菜園。
002_20151203064239a79.jpg
001_20151203064237117.jpg
大根、小松菜。
そして二枚目は、九条太ネギ。
このねぎは、10月に雨が降らなくて、約一か月遅れている。
しかし
今は「ホワイトタイガー」というネギを食べていて、
幸い12月が暖冬のようで、お正月から食べる予定。

004_20151203064239d4b.jpg
黒豆は不作で10kg位よりできないかも。
さくねんは40kg位あったから、その差に自分でも驚く・・・・・

昨年は、小豆が不作だった。

先日もテレビのニュースで「こんなに振り回されたことはない」
と、スーパーの野菜担当者が言っていたけれど、
11月は暖かくて、安かった様子。

何故か、というメカニズムを、生産者の立場から
たねあかしすると、気温が高いということは
12月、1月と順次出荷予定のお野菜が、全て大きくなったという事。
だから 11月分12月分1月分の3か月分を一度に出荷した。
その上10月に水分不足で、大きくなってなくて、出荷を思案していたのだ。
その 計算から行くと、
お正月を過ぎたら、お野菜が無くなりますよ。
高くなりますよ。
今のうちにたくさん食べて、1月以降は、
根菜を食べて、葉物は、春まで食べないように・・・・・

我が家は、毎日ベジタリアン。・・・・・・・・・・・・・・・・・・7:02

暖かい一日

暖かいということは本当に嬉しいことだ。

今日は、遅れていた夏野菜の、最後のマルチを
取り外し、パパに鋤いてもらって、
今年不作の、丹波の黒豆を収穫した。
来週には、また暖かい日が来そうなので、
嬉しい。
そこから本格的に、作業開始。

今日
ラジオを聞いていたら「フェイスブック」(だったかなぁ)
の社長が、長女の誕生を機に、資産を寄付して
基金を作る。と言っていた。
何兆円とかの金額だった。すごいなぁ・・・・
(私は、一人で、何をするにも、ラジオを聞いていますが、
しっかり記憶は出来ていません。何故なら、
何かの仕事に夢中だからです)
31歳の若さだったように思うけれど、凄いと頭が下がる。

そこで
思ったんだけど、お金ってそんなにいらないなぁ・・・・・
ということ。
私なんてこれから仕事が出来なくなると、
収入がなくなるので、その分は貯めておかないと心配だけど。

同級生は、いわゆる細かくて「貯金と保険が趣味」だといっていた
人がいる。
その人間が「お金も保険もそれほどはいらんなぁ・・」
と先日、しみじみ言ったので、
「ほーらみろ」と思った。

彼が、貯金が趣味だといったのは、
コミセンで管理委員をしていた時の事
「あんた、いろんな人が来はるやん。コーヒーくらい出したら」と私がすすめたのだ。
すると
「そんなことは出来ん。うちの嫁は、貯金と・・・が趣味」だといったのだ。
あほらしくて、あいてにっできん。と感じたものだ。

人間67歳にもなると先が見えてきて、
お金よりも大切なものが解ってくる。

お金儲けは大好きだけど、お金はそんなに必要なくなると思う。
ただ
娘がいてるからなぁ・・・
本当によくで来た娘に、
残してやれるのは、お金しかないもんなぁ・・・・・

明日は、たぶん一日パッチワークをしよう。
朝は4時前起きだ。・・・・・・・・・・・19:14

写真は
秋晴れに大きな機械が来て、復興中
復興

お赤飯

朝4時前から、あんころ餅を作り、
7時半から、白餅を二升搗き、小餅にして、
パッチワークのおけいこに行き、午後は赤飯つくり。
お赤飯
これで180g入れています。
値段は娘が考えてくれます。

3時からは、パッチワークの宿題。

夕方、松原の叔父に電話した、「ハム」が届いたから・・・
一人暮らしの叔父は近所の人に「お弁当を宅配してもらったら。その方が安上がりやろ」
とよく言われるそうです。
しかし
スーパーで材料を買ってきて、思案しながら作るんや。
その方がボケ防止によいやろ。
シルバーにも加入していて、出来ることはするんや。
20歳年が上なので、今年87歳。

私は幸せだなぁ・・・・
こんな誇れる叔父がいる。
叔父に負けないような人生をしよう・・・・・・・・・・・17:37
プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード