神様のお仕置き

こんなことは本当は書かない方が良い。
あえて書きます。

先週の日曜日。自治会で、
ひやくと言って、奉仕作業があり、夕方5時より会食があった。
会食は当番があり、長老が8時で終わりにしよう。と言っていたそうだ。

7時ごろに大方の人は帰ってしまわれて、
そこからは、当番が飲むことになるのだ。

8時に「片づけよう」と言われたら、その人は、
「僕が信用できんのか」と言われたとか・・・・(片づけはしておく。ということ)
信用でなく「けじめ」なのだ。

その後11時まで飲み。一人だけで、近所にお邪魔をしに行った人がいた。
1時に帰りに「送っていく」というのを振り切り、道がわからなくなり、
崖から落ちたのだ。

この頃、我が自治会は50代が、(二三人だが)おかしくなっている。
「酒が足りん」と勝手にお店に電話をかけたり・・・(自治会費だ)
いつも同じ人にたかったり・・・・(二次会だ)

たとえば、マイパパは、そのような席が好きでなく、
昨年、糖尿性腎症が発覚以来「おことわり」している。

崖から落ちたその人は、
朝方家族が捜しに来られて、午後11時から近所で飲まれた、その家の人と探しに行かれた。
(だいたい、朝方まで、探しに来られないということは、いままでずーっと、
誰かに迷惑をかけていたのだ。どこかに泊まっていたのか、歩いて帰っていたのか・・)

朝6時半ごろ、崖の下で「おーい、おーい」と声がした。
「足腰が立たん」と言われたらしい。
低体温症だと思っていた。

救急車が、我が家のすぐ横のお家から出て行った。ヘリで豊岡まで運ばれた。
「あんなよっぱやいに、税金使こうて」とみんなで言っていたのだ。

ところが
崖から落ちた特に首を討って、全身が麻痺になられたようだ。

今思えば、気が付いた時に(本人が)もしも歩けたら、そのまま帰られたのだ。
歩けないから、朝まで、そこで寝ておられたのだ。

公民館で会食の度に、飲みすぎて、「タダ酒をあんなにのんで」と言われていた。(その人は)
あまり「目に余る」行動だった。

神様は見ていたのだ。

しかし
神様、全身不随は、少し罪が深すぎます。
まだ 56歳。家族も本人も可哀そう。

なんとかなりませんか・・・・・・・・・・・・・・・・6:53

スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

本当の

そんなことが本当に?

お酒飲みは困りますね。

最近の会食ではお酒は出さない自治会が増えています。
車で事故でもあればお酒を出した責任。
昨日秋祭りがありなおらいでお酒がでましたが、車で神社まで来られる
方はありませんでした。
プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード