喫茶店

昨日は11時に約束していた。

いとこがもち米を買ってくれたのだ。
「みっちゃん、あのパン屋さんの喫茶に行きたい」

ご主人がギフトのお店をされて、何年か前に葬儀場を建てられた。
今は3か所にあり、負債とかが大変だと思う。

奥さんが趣味で「月曜と火曜」にパン喫茶をされている。

いとこのみっちゃんは、65歳まで葬儀場で働いていて、パンも習っていた。
パン喫茶の奥様とは近所でお友達なのだ。
たまにお手伝いにも行っている。

喫茶で出されるパンは、4品。サラダとコーヒーがついている。
それで、850円だ。
素人の焼いたパンは、添加物などが入っていない、冷めたら固くなるパンだ。

奥さんの知り合いが集まってがやがや・・・・・

そこで思ったのが、
「あぁ 我が家にも喫茶をする場所があったんだ。」

60歳になったら喫茶をしようと建てたのだ。
ところが
「いらっしゃいませ」が言えそうになく、辞めてしまっている。

パパが仕事が出来なくなったら、その時に喫茶の道が開けるように、
考えておこう・・・・・・・・・

少しだけ元気が出た。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:18

スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード