パパの病気

二か月に一回の、糖尿性腎症の診察の日だった。
先月よりも、数値が上がっていたのは、カリウム。
柿を食べすぎたのだろう。

良くなっているところは、いろいろあったけど、
尿にたんぱくが混ざるのだが、その数値が下がっていた。

ゆめごはんと言う、低たんぱくのご飯を食べ始めて一か月。
そんなに早く結果が出るのだろうか。

午前中に近所の人が見えて、
「パパの病気で、一つだけよかったことは、感謝するようになったこと」
「大阪までも通って、帰って来て家の仕事して・・・」

私の持論の「物事は、一つの方向に100%むかない」と言うのがあって、
パパの病気は、私に、パパに寄り添って生きることを教えてくれた。

近所に、6,7年前にご主人が急死された方がおられる。
「奥さん本当に変わられたね」今日の二人の会話だ。
いろいろ思うことが、あったのでしょう。
「嫌な顔をされるのを見たことが無い」
「そうや、ほんまに、ようなったった」

「あんたは、生きとってんときに気が付いたから・・・」

子供たちの事も、仕事も、人生さえも、好きなように生きてきた。

神様は、私に、軌道修正を命じられた。
パパに寄り添って生きて行こう・・・・・・・・

まだ間に合う。
パパにありがとうの人生をしよう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18:45
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード