恵方巻き

昨年11月末にUターンして千葉より帰ってこられた人の奥さんは大阪の生まれ。
こんな田舎は初めてでしかも67歳。
可哀そうにお外には全く出てこられない。
二日前にご主人が来られた。
「奥さん、何したはるん」と聞いた。「本を読んでる」とのこと。

そういえば私ここ20年本を読んでない。
専業主婦の時は、週に3冊くらいのペースだった。
ところが
お金儲けというか、よそさんの請負仕事なので、失敗が許されない。
本を読んで徹夜をすると、感が鈍ってしまう。
何よりも、仕事に夢中になることが私の生きる道だと思って、読まなくなった。

負けん気の強い私の事。
少し活字を追ってみようと、家にある古典のページをめくった。
全く字が読めない・・・・・・ガーン。
隔靴掻痒・・なんのこっちゃ・・・
かっかそうようと読むらしい。靴の外側からかゆいところをかくようなことで
思うようにならない、じれったい。といった意味らしい。

そういえば俳句は、最初全く相手にされず、もうやめようと何度思ったことか。
それがもうすぐ3年だけれど、1月の句会は5つの佳作の中に一句選ばれた。

石の上にも3年。良く言ったものだ。

私が古典を出してきて格闘している横で娘は朝から、恵方巻きの具を炊いていた。
4日に大腸がんの検査をするパパのために、一日早く巻き寿司を作ったのだ。
半分は明日の昼に巻くわぁ・・・

本人もびっくりするくらい上手にできたらしい。
私はお吸い物だけ作った。

素敵な娘のおかげで、嬉しい人生をしている。・・・・・・・・・・・・・・20:01
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード