パパのリンゴ

昨年の11月に「青森から送ってきた」とリンゴを頂いた。
丁度その頃は「柿」を食べていた。
それで仕舞い込んだのだ。
忘れていた。

先日バージンオイルを出そうと行くとリンゴが出てきた。
残念腐っていた。蜜入りの美味しいリンゴだったので残念で仕方ない。

怒ったパパがスーパーにリンゴを買いに行った。
「150円やった。よう買わんかった」と帰ってきた。
安いバナナを買って来て「まずいまずい」と食べている。
私は、絶対に食べない。
パパへの抵抗だ。
500円のリンゴでもおいしい方がいいと思う。
考え方またったく違う。

500円で思い出したことがある。
15年から20年くらい前の話だ。
出会いは、六甲道の駅近くの住金の**(思い出せない)で講演会があった。
住友の課長以上の研修会に呼ばれて講演をしたのだ。
20年前は女性のしかも農業の起業家として、このような依頼があった。
彼も呼ばれていた。
サークルに誘っていただき良く梅田まで自分の車で迎えに来てくれた。
大阪市内を抜けて南に行くことが多かった。
大阪の街の中をすいすいと走る彼がかっこいいなぁ・・・と思ったものだ。
「立命の電子工学を出た」というのが自慢だった。
ある時午後5時ごろからの会合に昼間から出かけて行って、市内のいろんなところに連れて行ってもらった。
病院への機械等の卸の仕事をしていて、
付け届けに果物を持って行く。
梅田にある、古いお店位連れて行ってくれた。
果物屋さん。
どの果物も1個500円だと言った。
その日は、娘たちの所に泊まるのでラフランスを2個買った。
丁度食べごろだったけど、二人の娘はあまり感動しなくて
「ケーキのほうがいい」といったのだ。

その彼は15年くらい前に、かの小鳥のブログをアップしている彼と同じマンションに住んでいた。
「マンションで7月19日に夏祭りがある、何か野菜を送ってほしい」
と頼まれていた。
すっかり忘れていた。
怒られると思って、電話を入れていなかった。
それからしばらくして、例のサークルの人から電話がかかり。
「10日に亡くなったみたいよ」
本当にお世話になるばかりだった。
そうやのに・・・最後は悪かったなぁ・・・・・ということになってしまった。
でも
もしも
18日とかに元気だったら「野菜送って」と電話があったと思う。
彼は、私が忘れていた。ということは知らないのだ。

もう15年以上昔に話だ。

彼や大阪ガスの星見さん。お世話になった。
もしもその二人がもっと長生きしてくださっていたら。
私の仕事環境は変わっていたかもしれない。

この仕事を起業して21年目。
いろんなことがあったなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5:39
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード