別人だった。

昨日は娘の運転免許証の更新に柏原警察まで行った。
柏原の警察署が「どこにあるん」という娘を連れて行ったのだ。
手間のかかる娘だ。

話はそれるが、次女が総合職になったころ
東京に「おつかい」という出張が良くあったのだ。

おつかいでないですよ。長女が
「あの方向音痴のさっちゃん。まるでおつかいや」と言ったのです。

自分の行く場所がわからず、姉に電話をしてきていた。
東京なんて住んだことのない長女は、ジャニーズの追っかけをしていて、
東京を歩き回っていたのだ。

東京駅前は、頭に地図が入っているようだ。

そんな娘が「柏原警察」は知らないんだ。

車を走らせていると、道端にセレマホールの案内。知り合いの人だ。

どうしよう・・・・

携帯で友人に電話を入れた。
「違う違う。別人。元気にしとってやで」

良かった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その方は、ある意味今の私の原点だ。

長女が音大に入ったとろ、大金を使われて困っていた。
とにかく働こう。
そこで 農業をしておられるところをいろいろ見て回った。
そして 見つけたのが「青ネギ」だった。
有機野菜の栽培は売り上げが、当時200万円だった。
しかし
青ネギは、600万だと言われた。
平成4年の夏だった。
よしねぎを作ろうと、種を播いたのだ。
その後に普及センターの人と出会って、土地利用型農業をやることになるのだ。

そのねぎを栽培されている方は、近所の人たちと、軟弱野菜の組合を作っておられて、
仲間に入れていただいて、月に一回普及センターから、講師を招いて
お勉強会もしていただいた。

斎場のの看板から、農業を始めて頃のことを思い出し、
みなさんお元気の様子。よかったと思った、一日でした。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:50
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード