黒豆

農協さんに相談に行った。
「黒豆の播種、まだ間に合いますか」
ご存じだと思いますが「まく」という字は、「蒔く」と書きます。時なのです。
丹波の黒豆は、6月の15日ごろに播種するのです。
それを、7月3日に「間に合いますか」と尋ねたら・・・・「もう遅いなぁ・・」と言われて、
センター長さんが、篠山の人で、12日の豪雨で苗が徒長してしまったので、「捨てようかと思っていた」
「それを植えられますか」

頂いて、今日の午後に植えた。

鹿さんにも性格があるようで、一番先の新しい葉っぱだけ食べている分、
根こそぎ引き抜いて、影も形も無いように食べている所。
先の葉っぱだけ食べたのは、新しい芽が出ていた。
250本植え足した。
750本植えていたので、相当の被害だったわけだ。

何となく、嫌気がしているのだが、
生きるということは、このようなことだ。

これからは、老いていくばかりなので、たぶん、このような事ばかりが起きてくるだろう。
頑張って生きて行こう。
ひょっとすると、これからの人生こそが、本当の醍醐味なのかもしれない。
厳しいけれど、頑張れ頑張れ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・19:53
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード