小豆

朝から四苦八苦。
アップをしようとした写真が、90度傾く。何故そうなるのかわからない。
一からやり直した。うまくいった。

こねこねといじくりまわるより、一からやり直す方がいいのだ。
そういうことだ・・・・
小豆
スマホの写真はどうもうまく撮れないが、このように小豆は出来ています。
「茶さや」といいまして、さやが茶色になると収穫するのです。
この地方は、畑から茶色くなったのを順にとります。
また他のところは、80%くらい茶色になると、木ごと持って帰りお家で、木から取り除きます。

福知山から嫁に来た友人はもう70歳だけど「私はこうしていた」
と 木ごと持って帰ります。
多分ですが、その土地にあった収穫方法があるので、
(というのは、一度に赤くなる=茶色くなる=地方とぼちぼちに赤くなるところがあるようです。
気温に差があるのでしょうか)

今書きましたように、我が家は、というか この地方は、午前中にさやがまだ湿っている時に、
畑に出て収穫して、午後は、むしろに広げて乾燥して、実にします。
赤いダイヤが、むしろに何枚も干されていました。

我が家は、今年、借りていた田圃を無理に返したので、畑が無く昨年の半分の
栽培です。
話はそれますが、今年の6月に
「あんたなぁ、なめとったらあかへんで」と怒鳴りつけたんですが、
今回の水害が一番ひどかったのです。

そんなことで喜んでいても解決しませんが、
この田圃栽培したいなぁ・・・・・

世の中には、イスラムのような人が、たまにおられるんですね。
その女のご主人でさえ「お母ちゃんが言いかけたら、どうしようもない」
と言われているとか。
今回も、お家にボランティアで入った人が、
「ご主人をさしおいて、支離滅裂で、なんて人や」と言われていたとか、
(近所に住む私の友人の、同級生がボランティアで来られたとか・・・・)

来年の作付面積を検討する「時」が来ています。
どうにもならないことを、いつまでも悔やんでないで、
おかげで、今までの、半分の面積だから、
66歳という年を加味して、半分の栽培にしよう・・・・・
今までは40アールだったのが、20アールになってしまったので、
手芸の時間を増やして、ゆっくりしよう・・・・
でも
病院の先生は「働きなさい」といわれる・・・・・・

思うようにならないなぁ・・・・・・

今日は、鬱で入院されているお家に、小豆の収穫に行く。
ご主人が、何もかもやる気を無くされていて、
水害でほとんど残っていないけれど、採ってほしい、といわれるので、
収穫に行く予定。
1kgをいくらかの値段でかわしてもらうつもりだ。
頑張るぞー・・・・・・・・・・・・7:08
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード