キャベツの定植

8時10分。キャベツの苗を積んだ運搬車で畑に。
今日はひやくなので、パパはお家から出てこない。
草刈りなので、今年から、お休みにしているのだ。
001_2014111612165342d.jpg
このように、ポットを配り、一人で植えて行く・・・・
10時半までかかった。
疲れた。
なんて駄目になったのだろう。体が動かない。
ここで一旦お家に帰り、少し休んで、今度は黒豆の収穫。
先週に葉を落としておいた分だ。
そこへ近所の人が来られた。
おしゃべりをして12時に。
午後は、パパと1時スタートで黒豆の収穫。
わんことウォーキングをして、今度は黒豆を木からちぎる。

パパは午前中は、錦鯉。

実はアッシー君とは、4年前まで月一くらいで温泉に行っていた。
ちょうど4年前の10月末に、
「血便」が出たので病院に行くと「大腸がん」だと言われて、
入院して手術をする。リンパ腺にも転移しているということで、
「さよなら」を言いに来た。
ちょうどおへそのあたりに、拳骨を少し小さくしたようなものが、あったようだ。
パパは、さわった。と言っていたが、気持ちが悪くてとてもそんな気になれなかった。
今から実家に行って、戦死したおじさんの隣に入れてほしいと頼んでくる。と言った。

ところが、退院して週4回、抗がん剤を点滴するために病院に通っていた。
その時、副作用で、体中に紫色の水ぶくれのようなものが出来ていた。
「お風呂に行くか」と言ったので
「気持ち悪いやん」と、思わず言ってしまった。
それから、何度お願いしても、彼がOKすることはなかったのだ。
そして、月日が流れて、
「いいよ」ということになったのだ。

10時出発、11時前に、鯉さんの売ってる道の駅に着いた。
パパに電話して「買って帰ろうか」
そこから、いろんなところに行き、
3時に温泉から電話した。
「はよう帰ってこい」

急いで帰ると、60センチの水槽にぶくぶくも用意して待っていたのだ。
水槽に放すと、ビニールの入れ物と違って、
大きさが半分くらいになり、4センチくらいで、
「こんな小さいノン、大きなるやろか・・・」
昨日は、新仔ようの餌を買いに行って、「食べるやろか」と
見ている。
良かった。パパが夢中になるものがあって。
しかし
隣りの部屋に、コンパネの大きさのジオラマが作りかけなのだ・・・・・

今日も疲れた。
しかし 仕事は楽しい。良いお天気で、気持ちがいい。
さて今から、編み物だ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16:58
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード