小学一年生

奈良のnanamiさんちは、娘さんに二人目のお子さんが生まれられて、
お嬢ちゃまで、上はお坊ちゃまのようで、幸せいっぱいの様子。
いいなぁ・・・・
でも
我が娘と暮らす私も、とっても幸せです。
娘は可哀そうですが・・・・・・・・
ただ
フランスでのことや、幼い女の子が「自爆」させられているニュース等を目にして、
今生まれたばかりの子供たちが、大人になった時どのような世界が広がっているだろう。
と思う。
先日も、句会で、私たちが90歳を超えるころには、「我が集落」は
無くなるなぁ・・・・
という話で、盛り上がった。
先の事を思うと、心が沈んでしまう。
好きな人と、好きなものと、好きな事・・・・・・・・・・・・・・

ところで
先日、豊中の友人から電話があった。
「80歳は、二度目の成人式なんや」
それでいうと、私は、今年 小学一年生だ。
「一年生になったら、一年生になったら、友達たくさん出来るかな」
だ 夢と希望を持って、平成27年度の「小学一年生だ」
ちなみに私が、小学に入学したのは、昭和30年。
まだまだ 江戸時代のような、お家に住み(電気はついてましたよ)
でこぼこ道を40分くらいかけて通っていた。
馬が引く「馬車」が木を出していた。
学校からの帰り道、おじさんがその馬車に乗せてくれた。
動いている馬車に乗り、下りる。怖かったことを覚えている。

さぁ・・・
編み物とパッチワーク。忙しいぞ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:21
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード