良かったこと

今朝も、なんやかんやと文句を言われ、ちよえちゃんは、我慢が出来ない。

農業というか、水稲や野菜の生産では、
「こんなことがわからんのか」と厳しく言ってきた。
近くの友人に
「あんたが、よう働く。と言うんやから、ほんまに、よう働いてんや」と言われた。
それくらうよく働くが、厳しくしてきた。

その娘に、厳しく言われて「仕方ない。私も厳しく言ってきた」
と 我慢の日々。

そんな中
昨年暮れから突如として、「おはぎ」が売れ始めたのだ。
トラックでの降り売りという条件での販売は、「丹波大納言小豆」という、
生産者でも高いと感じる小豆を使っての加工品は、
似つかない「売り方だった」
1日20個から30個の売り上げで、大丸が70個から80個売れるのに・・・
と、その売り方に、悲しいがどうしようもなかった。

ところが
この2月は、毎日60個くらい売れるのだ。
にっぱちなのに・・・
まさか中国人は買ってないだろう・・・・・

私が加工品を始めたのは、8年前。
「おはぎ」と「お餅」をぶれないで作り続けてきた。
8年前にあと二人の仲間がいた。
仲間と言うより、ライバルだ。

その中の一人は「きな粉餅」を出していたが、残っていた。
そしてもう一人は、ドーナツのようなものを売っていた。
始めたころは、二人とも餡子餅やおはぎを作られていたが、
辞められてしまった。

ぶれないで、売れないけれど、それしかできないので「おはぎ」
を作り続けてきた。
餡子は東大阪のひびさんの、亡くなられた奥さんのお父さんに
炊き方を教えていただいた。

もうすぐ3月。
嬉しい春の訪れだ。
やってきてよかった。続けてきてよかった。
嬉しい嬉しい、春はすぐそこ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10:25
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード