ミシン

同級生と「イタメシ」を食べに行ったおかげで、ミシンを踏むことになった。
なんのこっちゃ。

同級生があまりに頑張っているので、刺激を受けて、
私も、ぼんやりしていてはいけない。
と思ったのだ。

そこで
パッチワークもノートを取り、真剣に習うことにした。

そして ミシン。
教室では先生に、お家では娘に。
自分では絶対にミシンを踏むことはない。と思っていた。が

火曜日の午後(おけいこの日)
説明書を出してきた、1997年のものだ。娘は1998年に買ったようだ。
「お客様相談電話」は繋がらない。
ネットで調べると、倒産しているようだ。
新しい会社の相談窓口に電話をかけると
「コントローラーは買えますでしょうか」「ありますよ。」とのこと。

さすが高いのを買っていたおかげだ。

朝から雨の今日、早速説明書を読みながら、
またまた「怖い先生」に教えを乞いながら・・・・
「お母さん、製品をぬったらあかんやろ。何かで練習せんと・・・」
端切れを5センチくらい縫う。
「これでよいか」 「知らんわぁ・・・好きにし」

ゆっくりにしていると、本当にゆっくりしか動かない。

私が、ミシンを踏んでいたのは、足踏みミシンに、電動をつけたのも。
車の免許も持っていなくて、アクセルの踏み加減も、
もう一つ理解できてなかった。

それが、それがですよ。35年ぶりにミシンを踏むと、
これがまた快調・・・・

お買い物大好きな私は、早速、「新しいのを買わへんか」

ブラザーがいいと思うけれど、コントローラーを買ったので、
同じメーカーがいいかなぁ・・・・

しかし だ。
娘に所帯を譲ったので、自由になるお金が、少ない。
20万なんてとてもとても・・・・・
しばらく思案をしよう。

ミシンにはまりそうだ。・・・・・・・・・18:43
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード