妹のこと

大きな大きな心残りがある。
20年以上も前だったと思う。
妹が
「おねえちゃん、MRIをとってもらったら、いっぱい詰まってるんやて、
どうしょう」と言ってきた。
同時期に私も、同じ診察をしてもらっていた。
「憎たらしいほど、どうもないわ」親しくしていただいていた、院長はそう言われた。
なんでこんなにしんどいんやろ。更年期やろか。
そんなことを思っていた。

そんな時に妹が来たのだ。

タイミングが悪かったとしか言いようがない。

その時私は、『そうなんか、やっぱり、私は、どうもないのか』と自分の事を優先したのだ。

あの時、妹の話をもっと十分に聞いていれば、たった53歳で亡くなったり
しなくて良かったかもしれない。

今日は、弟が「ネットで買ってほしい」と言っていた。
真央ちゃんもCMしているマットが来たので、持っていたのだ。
60インチの大きなテレビの前に、娘とベットを持ってきて、
お布団を敷いてマットを敷いて、寝られるようにしてあげた。
「これで楽になった」と言ってくれた。

一人で心細いだろうなぁ・・・・・・・

世の中「もしも」なんてないのだが、もしも 妹が元気にしていたら・・・・

そんなことを思ってしまった。

それにしても、人生って、悲しいなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・19:17
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード