南天

余談な話だが、
パパの生まれたお家は、綾部の市内から車で30分の山の中。
お母さんの病院通いを、専業主婦だった私が、車で迎えに行き
連れて行ってあげていた。
パパは今覚えていないと言うし、誰からも感謝されていない。
当の、お母さんも、一度だけお昼ご飯をごちそうになった時に、
「これが(ごちそうになるのが)目的で連れて行ってくれるんやろ」
と言われた。

その病院通いの道筋に、といっても、パパのお家に近い山の中に、
「南天」という「喫茶」があった。
その喫茶は、廃業されることなく、続いていた。

私も、喫茶店をはじめよう。と思った時に、「南天」
がいいなぁ・・・と思ったのだ。

そして
コメリーで黄南天の木を二本買った。
その二本のほかに、黄南天と赤南天が同じ所に
生えていたのだ。
私が植えたのかもしれないが、8年も前の事なので、
覚えていない。
その木が今年初めて実をつけた。
「えーっこれ黄南天と赤南天やったん」
娘と二人でびっくり。
南天
何か良いことが起きそうな、嬉しい予感。

真央ちゃんを見ようと、起きています。
まだ滑りません。寝ようかなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・20:45
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード