パパのカメラ

何年も前のセロリーの種が出てきて育てたんだけど、
やはり良いものは出来なかった。
そのセロリーを2日に鋤き込んでもらった。
そこで、せめて一度だけでも食べようと、少し持って帰った。
今料理をしてくれている。
コンソメスープ。

前から欲しい欲しいといっていた「カメラ」が
ヨドバシさんから届いた。
パパは「安いのんでよい」いつも言うセリフだ。
「娘はEOSのM3の白い方」だといっていた。
私は、蚊帳の外だった。
そこで
先日京都に行ったときに、駅近くのヨドバシに行き、
詳しく教えていただいた。
私もよーく解った。

「レンズを交換しないなら、一眼レフより、コンパクトの方がいいですよ」
そう言われた。
そうか、・・・カメラそのものの値段はあまり変わらなかった。

しかし
我が家では、娘にパパが負けた。
一眼レフの白い方。
2万円ほどのキャッシュバックがありそうだが、
「高いのう高いのう」を連発。

話はそれるが、同じ買うのに、不服そうに「高いのう」を
連発するよりも、欲しいものを、思い切り楽しんで買えばいいのに・・・
お買い物って楽しいですよね。
可哀そうなパパ。

ヨドバシってほんとすごい。
昨日の夜注文して、先ほど届いたのだ。
その上ポイントが付くので、大歓迎。

しかし  しかしですよ。
「お母さんは、古いのを使いや。よう使い切ってないで」
と言われました。
どう思われます。

いいですよ。
上手に写せないんやから。それでいいですよ。・・・・・・・・・・17:25
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード