ありがとうをあなたに

朝方、風邪が治りきれてなくて、ぼーっとipadでゲームをしていた。
何故か、足首が冷たい。
靴下カバーと裏フリースのズボンの間。
約5センチから10センチ。

「そうだ。レッグウォーマーを編もう」
今編みあげて、とじを始めた。
今日は、それでも忙しかった。
パパが「裏の山で「うらじろ」取って来てくれ」という。
本当ならパパが行くのだが、山登りはもう無理だろうなぁ・・・・・

そういえば、入社一年目の夏
パパは山登りが趣味だった。友人が「**さん(パパの事)
7000円もする登山靴買ったんやて」と言っていた。
まだ私たちは出会ってなくて「そーなんや」と思ったことを今も覚えている。
そんなパパが、裏山さえも登れない。可哀そうだなぁ・・・・・

白を基調にしたこのお家は、住み始めて5年。
昭和61年に、古いお家は新築したのだが、
その時と今の、一番大きな違いは、掃除グッツの進化だろう。
電気代を節約して、暗い目にしていたところの汚れが目立ったけど、
シュシュとして拭くときれいになる。
お掃除が楽しい。

本当に、いろんなことが確実に進化している。

新しいものをいち早く取り入れて、利用する。
大切なことだ。

さて
今年一年いろいろと、大変お世話になりました。
ありがとうございました。
来る年もよろしくお願い申し上げます。……………2015年12月31日17時5分
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード