おせち料理

マイパパは、JR大阪駅に勤務していた。
お正月と言ってお休みだったわけではない。
そんなことが理由だか知らないが、退職してからは、「おせち料理」にこだわった。
いろいろ作ってみたけれど、
量は多くなるし、食材をそろえるのが大変だし、
ということで、出来合いもんを買いかけた。
しかし
なんとなく口に残る、「化学調味料」の味。
飽きが来たのだ。

そこで
今年は買わないことにした。
31日に娘が「お煮しめ」を作ってくれた。
小芋2個、こんにゃく2切れ、レンコン2切れ・・・・と一人ひとり
注ぎ分けてくれた。
「明日中かけてめいめいが責任もって食べるんやで」
かずのこやめんたいこ、それに生ものの様なものを「デパ地下」で
「高かったから100gづつやで」と次女が買ってきた。
そして
1日は、コープの戸配の人が「売り込むので仕方なしに買った「蟹」
でかにしゃぶ。
2日は、昼は妹が来た。「猪鍋」
猪は2歳のメスが一番おいしいのだそうです。
「美味しいなぁ・・・柔らかいし・・」と大好評。
娘が「牛や蟹は、買えるやんか。猪にし」と言ったのが大正解。
そして夜は、次女のリクエストですき焼き。
しかも100g600円の肉。たぶん卸屋さんなのだろう。安い。
その肉を600g買ったけど4人で食べきれず。3日も・・・・・・・

経済勘定をしても、お節は2・3万円以上する。
しかし
蟹は4000円。猪は「お歳暮」牛は3600円の消費税。
次女は高くついたといっても、100gだから・・・・・
近所のスーパーで田作りとセットのお祝い物を少し。

来年もこれでいこ・・・・

デパ地下の珍しいものお気に入り。・・・・・・

今日は、次女が行った。
午後にお外の仕事はしよう・・・・・・・・・・・11:10
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード