俳句

私の所に来てくださっている皆さんはご存知でしょうか。
俳句の歳時記は、春・夏・秋・冬そして新年というのがあるのです。
だから 1月は「新年」の季語を使って俳句を作ることになるのです。
たとえば 昨日と同じように車を運転してどこかに行こうとも
新年なら「初乗り」になるのです。
そのことが、どうも「ピン」ときません。
初荷とか・・・・
元旦の朝は、だから 全てが「初」なのです。
昨日と同じように、水道水を出し、鍋に取り・・・
若水となります。

どうも 苦手なのです。
なんもあらたまらないのです。

昨日と同じ今日が始まるだけです。

だから
一年で一番大変な「新年の俳句」
昨日は、一日うなっていました・・・・・・

言葉を知らないし、感動も無い。
困ったことです。
俳句の押しつぶされそうだ・・・・・・・・・・・・・・・・8:48
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード