プラス思考

いつものように奈良のnanamiさんのブログを拝見させていただくと、
嬉しいことの連鎖・・・と、とってもハッピィなことが書かれてありました。
あかん。
私はホンマにあかん。 落ち込んでいる。
今は、21日のイベントの日が、あまり良いお天気でなく悩んでいる。
うまいこといくかなぁ・・・・
寒かったらどないしよ・・・・・・・・
それと
4月から始まる「水稲苗」の育苗。
ずーっとパッチワークがしていたいなぁ・・・・・・
頑張らなあかんのやけど、できるかなぁ・・・重荷やなぁ・・・・

ところで
集落の行事で「初午」の日にはるたかさんに、赤飯のおにぎりを
お供えするのです。

集落の40軒くらいのお家を6つのグループに分けて、順に当番をします。
当番は一年です。
2月11日に引継ぎがあり、今日に至っています。

前の当番の時に我が家で小豆を炊きました。
それで、次にはに任せました。
ところが失敗されました。
「固いのが混ざってるんや、どうしょう」
「もってきなん。よろ」
2時間ほどかけて、ゆであずきの中から「固い」のをより分け、
我が家でもう一度火にかける。
そして 
夕方4時。公民館に行きご飯を仕掛ける。
うるち米4,5升、もち米0.5升を混ぜる。
もち米が混ざっているので、前の日に準備をするのだ。
釜
我が家から寄付した炊飯器と、我が家の二台の炊飯器を用意して
班長さんの奥さんと二人で準備。
娘が、お誕生会を梅田でする。と出かけて留守。
普段お家で何もしていないので「くたくた」

そして今日は、皆さんは8時に集合。ということで
私は7時半に行き炊飯器のスイッチを入れて、皆さんが来られたら、おにぎりが
握れるように、準備をする。

我が集落には、「熊野神社」というあらたかなお宮さんがあり、お地蔵さんも
立派なのがある。
しかし
守っていくのが、大変になってきている。

小豆も「ゆであずき」を買って来て準備をされる。
私も、加工をしていなかったら、小豆を上手にたく事が出来なかっただろう。
そういう時代なのだ・・・・・

そんなことを考えながら、nanamiさんのブログを拝見して、
反省しています。

人とに繋がり、ご縁を大切にして、もっと感謝して、前に進もう。

何度も何度も書いているけれど、
私が年賀状を出し、その返事がメールで来て、
「嫁が31日に永眠しました」と書いてあった。
即 その時栽培していた「いちご」とご香典を送った。
満中陰の法要を終え、我が家に来られた。
10年前の今頃の事だ。
加工所がほぼ出来上がっていた。
「何をされるんですか」「餡子を炊き、おはぎを・・・」
「亡くなった嫁のお義父さんは和菓子職人で・・・」
ということで、餡子の炊き方を教えていただいたのだ。
感謝感謝、いくら感謝しても、感謝しきれない・・・・夕食だ。

頑張るぞ・・・・・・・・17:32

その時教えていただいた方のおかげで、今日がある。
ありがとうだ。ありがとう。頑張ろう。頑張らなくちゃ・・・・・・・・・・・18:18
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード