食は命なり

昭和55年に、県の食生活改善推進委員という資格を頂いた。
32歳の時だ。
そこから「食は命なり」と運動をしてきた。

今も覚えていることに、
「梅干しの梅は、中国産でもの凄く塩辛い。海辺に10年くらい
ほったらかされて、日本の(当時ですよ)業者が梅干しにする。
栄養価とか梅の価値なんて何もない。」と言われたこと。

缶のジュースは娘たち二人も含めて、飲む事が出来ない。
今は違うだろうが、
缶の内側に油が塗られていて、それがいけない。とか。
市販のおにぎりも、おにぎりを作る機械に、振り掛ける
油がいけないと言われた。

近所にたくさんのチェーン店を持つスーパーの
お惣菜を一か所で作り、大きなトラックで配達されているが、
そこで、毎日お惣菜を作る仕事をしている人が、
「私は、絶対に買わへん」と言われている。

何が良くて、何がダメなのかわからない。
68歳の今、時間がゆっくり流れている。
せめて、食すものは、出来るだけ自分で育てて、
自分で、煮炊きをして、・・・・・・

お魚は、この頃「さけ」に凝っている。

養殖のお魚も、前のように「抗生物質」ばかりは食べていないようだけれど・・・・

お魚は、食べられなくなってくると思う。
海にいないのかなぁ・・・・・・
地球の人口が増えすぎてるのか・・・・・・・・・・・・・・・・・18:30
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード