機械化とは

農業の機械化とは

昨日、「ごまは機械化されていませんか」とコメントを頂きました。
ありがとうございます。

機械化
たとえば、水稲。
日本全国で一番多く機械化されているとおもう。
しかし 安くない。
お米の刈取りや、籾を乾燥してお米にする機械は、
安いものではありません。
たとえばコンバイン。
我が家のは、600万円程度ですが、町内には1500万円もする機械を持っておられます。
5年から8年で買い替えです。

我が家は、籾の乾燥や籾摺りの受託が多いのですが、
それでも、乾燥機が4台ありますが、一台200万
籾摺り機は、石ぬき機等をつけて、100万
それらを入れる倉庫が、1000万です。

ところで
胡麻の機械化。
何が言いたいかと言うと、
機械化は、値段がもの凄く高い。ということです。

胡麻の大生産地で、みんなで買うと買えるかもしれませんが、
丹波市で栽培している程度では、機械は買えません。

話はそれますが、
丹波市は「丹波大納言小豆」のブランド化と生産に力を入れていて、
農協に機械があります。
「1日、なんぼ」と決まっているので、
刈取りの機械を借りて、乾燥して、選別まで、全てを機械で出来ます。
もっと言うと、
播種も除草もすべて機械で出来るのです。

機械とは、うん千万もするものなのです。

さて
今日は、もち米の刈取り。これで、今年の稲刈りが終わる。
不安で始まった刈取りは、
一抹の寂しさを抱えて終わろうとしている。・・・・・・・・・・・・・・・・
夕方に続く・・・・・・・・・・・・・・・・5:55

豊中の友人から3月28日の「日経ビジネス」に
韓国に比べて、
種苗費、肥料費は2倍。農薬は3倍。農機具は5倍。と、小泉進次郎が言ったと
あるそうです。
そうです、農機具はあほみたいに高いのです。
トラクターも500万、600万円します。

話が少しそれてますが、農民も儲からないようにできています。

尼崎で「アスベスト」事件が起きた時、
あんたら、せこい事して儲けたお金があるやろ。と
思ったものです。

今、私たち作業受託を請け負っている「専業農家」は
高い作業料をもらっています。
それは機械代が高いからです。
いつの世も、末端の民が一番「あかん」のです。

今日稲刈りが終わりました。
あと二日間籾摺りをしたら、今年の作業が終わりです。
ちよえちゃん、ご苦労様でした。
しかし
過労でもう限界です。・・・・・・・・・・・19:04
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード