鈴のなる道

丹波市の美術館に「星野富弘」が来ている。
ファンは多いようで、話題になっている。
私もその昔、30代の頃。月に10冊くらい読んでいた頃がある。(本を)
お家を建て替える時に、古いお家の全てのものを捨てた。
本も服も・・・・(そうそうアルバムは残していた)
本箱もたんすも・・・・
日本文学の30冊世界の30冊。百科事典も・・・・

星野富弘の本で、一番気になったのが、鈴のなる道。
うろ覚えですが・・
ファンの人から「鈴」を頂いた。電動車いすにつけている。
アスファルトの整備された道を行くと鈴はならない。
でこぼこの困難な道を行くと、その鈴は綺麗な音で鳴る。
自分も困難な道を(心の)鈴をならしながら生きて行きたい。

私は、一冊のご本から、ワンフレーズを覚えることにしていた。
たとえば
船山馨の石狩平野(うろ覚えですが)
グリーンランドに旅行に行ったときに、主人公の鶴代が
表面は冷え切っているが、その下は燃えたぎっている。という。
誰と何故旅をしたのかは、長くなりますが、
このご本は、何度も読み返しました。

44歳で専業農家になり、お金儲けはそんなに甘くない。
と、趣味の手芸などもすべてやめて、
仕事一筋に取り組んだ。

今 また本を読む気にならないが、心の中で
響いている。・・・・・・・・・・・・6:45
夕方に続く。

新しい畑には、毎日鹿がやって来て、足跡を残している。
困ったなぁ・・・
ということで、今日は朝から、ネットを張った。
明日は、朝早くに見に行こう。まだ来てるかなぁ・・・・・18:25
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード