本番甘酒つくり

パパの(というか我が家の)氏神さんのお当番は、
11日の「御講」で終わる。
先が見えてきた。
口を出すばかりの人が多く、お外でおとなしいパパは
会計を受けてきた。
考えたら一番大変な役だ。
お賽銭を農協に預けたり、行事の度にお買い物。
そのたびに付き合わされて・・・・・・・

昨日は「生麹」と生姜と「節分豆」を買ってきた。

そして
今日は、雪でパパに丹波太郎に行ってもらった。

5時まずエアコンを入れ、昨日あらって置いたもち米に
にスイッチを入れた。
今のキッチンは、スイッチを入れると、換気扇が稼働する。
換気扇のスイッチを切り、46%の湿度が少しでも上がるように・・・・
5時半おかゆが出来た。
おかゆを煮ている間に細かくして置いた、麹を、
おかゆが70度になった時点で入れ混ぜる。
量が多いからとっても大変だ。
6時少し前、蓄熱暖房の上に置いてタオルでくるんだ。
二日間余り寝られなかったので、
少し寝ることに、30分寝る予定が、1時間半寝ていた。
おトイレに行きたくなり目が覚めたが、もっと寝ていたかも・・・・

すぐに、蓋を取ってみた。
ぷーんと発酵している香り「うまいこといってる」
温度は70度。
二枚掛けていたタオルを一枚にした。
本番で上手にできるのは、どういうことや。
実力や。・・・・・・・・・・・・・・・・8:02

甘酒は上手にできた。
近所の10歳年上の、私の個人先生が、蒟蒻の件で
来られたので、食べていただいた。
「上手に出来とる」とのことだった。
「明日、お宮さんに来てや」とお願いしておいた。

午後  豊中の友人から電話。
「俳句、のとにを間違え取らへんか」
一つづつ地に置くようにボタン雪。の 地に の所が、 地の
になっていたようだ。
ごめんなはれ・・・・

一番大事なとこやんか・・・・
失礼しました。

悦ちゃんの件も、一段落。
今日はゆっくり寝るぞ・・・・・・・・・・・・・・・・・18:25
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード