貴重な晴れ間

弁当忘れても、傘忘れるな。
と言われる、山陰地方。
今日は貴重な晴れ間だ。
昨年まで水稲の栽培をしていた田圃は、水田だ。
一日の晴れ間では乾燥しない。
それでも 出来ることをしないと3月の播種期に間に合わない。
朝早くから頑張ろう。
しかし
今朝は良く晴れていたので「放射冷却」とかで
良く冷えている。
寒いなぁ・・・・・・
何度も何度も繰り返すが、
お金があって仕事をしていなかったら、もう死んでいたかも・・・・
それとも 価値観が全く変わっていたなぁ・・・・

高校3年の夏。
祖父が私の就職を決めてきた。
もしも 決まっていなかったら、
公務員試験を受けていた。
大嫌いな公務員なんかになっていたら、人生変わっていたなぁ・・・・

さぁ まず顔を洗って出発だ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:38

8時に、もみ殻の入っているハウスに行った。
ハウスやのに、まだ寒い。
ハウスのビニールの外に手を出すと、凍っている。
寒いはずだ。
もみ殻をお米の袋の空き袋に詰める。
18個できたのでパパをよぶ。
パパに田圃まで運んでもらう。
田圃で、今年からトマトやナスを栽培するところに、
今持って来たすりぬかを播く。
帰って来て10時半。
もう一度袋に詰める。
ここでお昼。

午後は1時半に、
米ぬかぼかしを、乾燥した部分だけ袋に詰めて、
パッチワークの先生に売る。
(といっても、材料代よりも安いですよ)
2時ごろパパに運搬車でぬかの入った袋を運んでもらって、
前と同じように撒く。
ここで3時半。
頑張りすぎて、しんどい。
しかし 達成感。

娘に「足が痛い」というと、「慣れなシャアないなぁ」と言われる。
さぁ
お風呂に入って、足をさすろう。
そして、今夜は早い目に寝ることにしよう。・・・・・・・・・・・・・・19:00
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード