毎朝コーヒー

5時半(今朝は5:23分)丹波太郎から帰って来ると、
コーヒーの良い香りがしている。
パパがマイカップに入れた後保温をしたままだ。
マグカップに上手に半分にして入れて、
豆乳を足す。
パパはパンだけれど、私は今朝は
バナナと玄米ご飯40gに「蕗の薹味噌」を塗り、
昨日の残りのシチュー。お餅を50g。
そして酸っぱいキャベツ。

コーヒーが余った。
「飲まへんのやったら、(コーヒーメーカーに)おいといてくれ、
わしが後で飲む」とパパが言った。

我が家は3人が好きなように言って、ストレスを溜めないようにしている。
しかし
私が、スルーしているのは、許しているのではない。
無視しているのだ。

パパがこのところ、ちょっと調子に乗ってきている。
そこで
わしが後で飲む。に、反応した。
「あなた、食事制限が出されてるんやで。毎月高いお金かけて、
お薬飲んでるやんか。何にも食べたらあかんのやで。
あなたが、ストレスを貯めないように、黙ってるけど、
そんなこと言うんやったら、明日からコーヒー
飲ましたげへんで」
「ほらほら、いわんこっちゃない。お母さん、
この家で一番偉いねんで」と娘。
「わんに、誰が一番偉いか聞いてみ。」

雷が鳴ったり、火事の時のサイレンが鳴ったりすると、
震えながら私の所に来る。
やいおっさん、わかったか。・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:13

今日は久しぶりに忙しくした。
午前はおけいこ。
午後は胡麻をした。(おかしな日本語ですが)
胡麻には恨みがある。昨年6月15日ごろ500本の胡麻を定植した。
足がこむら返りを起こして、転んでしまったのだ。
それで
さわるのも嫌だったが、娘に「もったいないやろ」と言われて、
前に実にしていたのを出してきた。
前にも書いたと思うが、二枚のざるを買って来て、
まず 胡麻を下に落として、
胡麻よりも大きなゴミを取る。
そして今度は、胡麻よりも小さなゴミを下ろして、
胡麻を残す。
しかし 胡麻と同じ大きさのものは残ってしまう。
作秋に食べてみたけれど、
どうも「泥」っぽいのだ。
ガイヤの夜明けだったかを見ていたら、
沖縄か南九州で胡麻を栽培していて、
洗う機械を導入とか言っていた。
「あらいごま」はこの状態で出荷するそうだ。
そうか・・・・洗うのか。
そこで今日は洗ってみた。
新聞紙の上でこのように「干した」
IMG_0406.jpg

そして焙煎で無く、炒ってみた。
「そうや、これで泥くさないわ」
IMG_0408.jpg
こんなにできてます。
まだまだあるんです。
ごみが混ざっていて、商品にはなりません。
どうしようかなぁ・・・・手で選別して売ろうかなぁ・・・・・・

IMG_0407.jpg
これも出来ました。
お目目は娘に入れてもらいます。・・・・・・・・・・・・・・・・・17:26
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード