早春賦

春は名のみの風の寒さよ。

毎朝、パソコンを立ち上げて、ブログのページを立ち上げる。
そこで、ふっと浮かんだことを自然体で書く。

今朝は、「風の寒さよ」だった。

ところで
4月の始めから、パッチワークは封印だ。
タンスの奥にしまっている。
本を出してきて、見ることも無い。
仕事に集中しようとしている。
しかし
ipadのゲームは毎日にようにやっている。
何も考えないで、ちょうどいい。
しかし
これも封印しようとしている。
後、5月14日ごろまでの20日間。
やはり仕事に集中しよう。
25歳の頃、地元のスーパーで働いていた。
レジにいて、全ての商品の値段を覚えたものだ。
たった50軒ほどの、お家の注文が覚えられないはずがない。
娘も、暗記だと言っていた。
配達日と枚数とお薬と・・・・
よしその意気込みで、頑張ろう・・・・・・・・・・・6:00

今日は新規さんの田んぼで肥料を撒き。
といっても苦土石灰とか・・・・
午後にパパに畝立をしてもらって、しょうがとこんにゃくを
植えた。
パパが、肥料撒きの桶を見て
「なんでかしたげるんや。買えいうとけ」と言った。
このケチ。
そこで
思いついた。
私は、パパの正反対の生き方をしよう。
何度も書いてきたが、この仕事を始めて
「苦」の道と「楽」の道があった時、「苦」の道を選んで
歩いてきた。
これからは、
言葉が見つからないが、奉仕と欲(この二つは
反対側にありますか)
他人に施すこと、喜んでいただくこと。
ご希望に添えること・・・・
自分の欲よりも、他人のことを考えて歩いて行こうと・・・・・
うまく行くかわからないが、
「あの人だったら、どう思うだろう。どちらを選ぶだろう」
残りの人生を、周りの人たちのために生きられたら・・・・
絶対にそんなことはできないと思うが、
思うだけでも思っていよう。
80歳になったころ、もしも生きていたら、
今よりも素敵な女性になっているかもしれない。・・・・・・・・・・・・20:07
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード