豪雨

丹波市も三年前にあのようなことが起きた。
隣町の集落には、大きな石がごろりと落ちてきていた。
もちろん流木も。

テレビを見ながらむすめが「同じ光景や」と言う。
怖い。本当に怖い。

昨年は北海道。

本当に、これからは毎年このようなことが起きるのだ。

昨日こんなことがあった。
ラジオのパーソナリティーが
「特別警報をもっと早く出せないのか」と尋ねると
「警報が出ている時点で、踏切のカンカンが鳴ってい状態。
そこで、特別警報とは、踏切内に入ってどないしょう。と言っていることです。
警報が出ている時点で、どうするか考えるように」
パーソナリティは「そういうことですか、踏切のたとえ話は良くわかった」
そう言った。
気象予報士はこのように言っている。
心するように・・・・・・
誰ですか「警報が出て学校が休みや」なんて言っているのは。・・・・・・

さて
今日はパッチワーク。
病院で先生と話した
「コシノヒロコを着ると、コシノヒロコの人生やし、
ユニクロを着ると、ユニクロの人生や」と言うと
先生が「人生は自分で決めて歩くんや」と言われた。
全ての事に、少し背伸びをして、前を向いて上を向いて
歩いていきたい。
そんな人生をするために、自分磨きをしよう・・・・・・・・・・・・・・・・6:16

俳句と畑仕事とパッチワークを同時間やろう。
そう思うけれど、うまく行かない。
パッチワークと畑仕事をどうしても長い時間やってしまう。
俳句は・・・・・・
頭痛いよう。俳句頑張らないとあかんのに・・・・・・・・18:17
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード