お野菜の安全基準

先日みえた方が、私立の農業大学校でお勉強したんですよ。
と言われた。
その人が言われた中で一番共鳴したのは、
「無農薬栽培なんてできません。100人中99人が
挫折します」という言葉だった。
それと
今の農薬は、期間が短く次の日には分解する。とも。
そうなのです。
私も全く同じ考えで、
たとえば、500ccが1000円以下で買える、いいえ200円くらいの
農薬もあれば。1万円近くするのもある。
どこがちがうか。
新しい薬は高いのです。
高い薬は「使用方法」のところに「前日」と書かれている。
どういう事かというと、
消毒をしたその日は、収穫できませんよ。
明日、すなわち、前日に消毒されていたら、
収穫できますよ。
何故か。「分解されるのです」
そのことを、強調されていて、
やはりその部分もしっかりお勉強されたんだ。
と思ったのです。

私も使用期限が「前日」と書かれたのをよく使います。
値段は高いですが、安心安全が第一だからです。

その方はまた「有機農薬」というものがあると。
「有機」と「農薬」という相反するものを、どうくっつけたんや。
「でも、その農薬は使っても有機農産物のなるんやで」とも。
ようわからんわ。とも。

私の自論は、世の中には、科学で作られたものが
「まんえん」しています。
お菓子もおかずのようなものも。
そして空気も。水も。
そんな中、どこまでこだわるか。ということです。

有機農産物とうるさく言う人が、買ったおやつを子供に与えていたら・・・
おやつも、北海道の「どこどこ」で買った有機小麦に、
有機お砂糖を入れて、有機牛乳で、お水もこだわって、
自分で作ってあげてください。

それが出来ないのなら、
簡単に「有機有機」言わないでください。

私たちが、そんな中で、より安全で美味しい農産物を、
どんなに暑くても畑に出て、育てています。
まだ書きたいですが。俳句です。・・・・・・・・・・・・・・・・6:34

俳句は先週の再放送でした。
先生が4人しかいないので5週ある月はダブります。

そこで 続き。
兎に角 私が言いたいのは、
有機農産物を言う前に、おやつや調味料を
こだわりませんか。ということ。

私は子供たちが小さかった頃、
調味料だけは、たとえばお醤油、こだわったものです。
有機大豆という言葉は信用してなかったですが・・・・・・

おやつも、パンは毎週土曜日に焼きました。
かぼちゃの入ったホットケーキ(パンケーキ)等もよく作りました。

自分の手で、一番信用が出来る「自分」で
作ってみてはどうですか。

アレルギーとかアトピーとか、
その原因は、他の所にないですか。・・・・・・・・・・6:49

高温多湿で、害虫がすごい。
しかし
消毒ができない。
雨で出来ない。

仕方ない。
スイトコーンは、頭の所を包丁で切り落として冷凍した。
悦ちゃんの注文は20本の所を30本入れた。
これも
悦ちゃんやから出来るけれども、道の駅などでは
売る事が出来ない。
二級品ということだ。

トマトも水浸しで、水っぽくなってきた。
あぁあ
この雨どうにかならんかなぁ・・・・・・・・・・・19:12
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード