忙しいぞ

毎日ゆずを30個弱収穫して、
ゆず茶にする。
一日分の売り上げが2000円。
アホと違うか。と思うけれど、娘がやっていることなので、
黙って手伝う。
明日までに、小豆1kgと黒豆を用意しないといけない。
蒟蒻も作らないと・・・・・
あーぁ 気が狂いそうだ・・・・・・・・・7:55
夕方に続く。

朝は4時に起きて、6時半までパッチワーク。
俳句と元気の時間を見て、8時からゆず。
黒豆。
そして午後は小豆。
4時ごろ、「もう終わりにしようか」

45歳くらいの男性二人が、きこりをしていた。
肩がこり目も痛くなったので、
きこりをひやかしに・・・・・・
まきストーブを使っているようだ。
「蓄熱暖房にしたら綺麗で、手間もかからんからいいよ」
というと「はははは」と笑っていた。
槇を作るのも、人生の一部だと・・・・
私の親の時代はそうだったなぁ・・・・・・

1000マンもする農機具は買えないから、
自分が食べる分だけ栽培して、全てを手作業で・・・・
私の孫の時代には、そんな世の中になるのかもしれない。
都会に住む、作れない人たちは、
円安で高くなった外国の農産物を買うのだろう・・・
その頃は、私も、娘たちも、生きていないから・・・

今日ラジオで、鈴木美智子がどどいつで、
「金のなる木はないけれど、はたらく木には金がなる」
と言っていた。
我が家は、娘も私も、良く働くぞ・・・・・・・・・・・・18:23

直売所視察

鳥取県の中心部にある「わったいな」という直売所に
視察に行った。
その直売所は、県内のどこからも出店してもらって
商品をそろえていた。
兵庫県なら神戸に出荷するようなものだ。

我が家も元町のマルシァというところに出荷しているが、
店から集荷に来てくださる。
さすが「農林」、ノウハウは全て同じ。
良く鍛えられた、県や市役所の職員が、
まるで、どこかの国のように「統制が」とてれているわけだ。

どうして
すぐそのようにうがった見方をするのだろうか。
共産党よりももっとすごい統制。
「日本自由民主党」という名の、統制国家。
すごいですわね。・・・・・・・・・・・・・・5:53
夕方に続く。

とっても忙しい週末だが、今日お買い物をすませ、
明日は近所の人に依頼を受けた、「小豆のおにぎり」
を作って配達。
その後は、イベントの準備。
楽しみだなぁ・・・・
猪はメスの2歳。
一番美味しいのだ。みんなの笑顔を見るのがとっても楽しみです。
でも、忙しいのですよ。・・・・・・・・・・・18:10

わーぃ忙しい

今朝は、30分遅いスタート。
帰って来て6時。
五目寿司が一つ残っていたので、それを食べて、
パパが毎日入れるコーヒーを飲んで
焼き林檎を食べて。

今からつの先生のお歳暮のお手紙を書いて、
お米の手紙。
津野先生の分が120kg発送。
送り状は昨日書いた。

横浜にも30k送ることに・・・・

悦ちゃんが帰っているので11日のイベントの打ち合わせ。

午後は悦ちゃんの注文の野菜の収穫。

さて何からやろう。

お歳暮の手紙を書こう。

津野先生からご依頼を受けました・・・・
と書くのだ。

忙しいことはお金儲けだ。
頑張ろう。
明日はお出かけ。
今年は、どこにも行っていない。
何かお金を使って来よう。
蟹それとも魚?・・・・・・・・・・・・・・・・6:28
夕方に続く。

午後は悦ちゃんの注文のお野菜。
004_20161207181706e56.jpg
キャベツ・白菜・人参・大根・かぶ・ネギ
畑から取って来て、洗って・・・
3000円もらった。
お野菜って安いものなぁ・・・・・・
悦ちゃんだからですけれどね。
お野菜さんも喜んでますよ。
誰かに食べてもらって・・・・・・・・・・・・・・・・18:20
明日は朝書けません。6時半出発です。

機械化とは

農業の機械化とは

昨日、「ごまは機械化されていませんか」とコメントを頂きました。
ありがとうございます。

機械化
たとえば、水稲。
日本全国で一番多く機械化されているとおもう。
しかし 安くない。
お米の刈取りや、籾を乾燥してお米にする機械は、
安いものではありません。
たとえばコンバイン。
我が家のは、600万円程度ですが、町内には1500万円もする機械を持っておられます。
5年から8年で買い替えです。

我が家は、籾の乾燥や籾摺りの受託が多いのですが、
それでも、乾燥機が4台ありますが、一台200万
籾摺り機は、石ぬき機等をつけて、100万
それらを入れる倉庫が、1000万です。

ところで
胡麻の機械化。
何が言いたいかと言うと、
機械化は、値段がもの凄く高い。ということです。

胡麻の大生産地で、みんなで買うと買えるかもしれませんが、
丹波市で栽培している程度では、機械は買えません。

話はそれますが、
丹波市は「丹波大納言小豆」のブランド化と生産に力を入れていて、
農協に機械があります。
「1日、なんぼ」と決まっているので、
刈取りの機械を借りて、乾燥して、選別まで、全てを機械で出来ます。
もっと言うと、
播種も除草もすべて機械で出来るのです。

機械とは、うん千万もするものなのです。

さて
今日は、もち米の刈取り。これで、今年の稲刈りが終わる。
不安で始まった刈取りは、
一抹の寂しさを抱えて終わろうとしている。・・・・・・・・・・・・・・・・
夕方に続く・・・・・・・・・・・・・・・・5:55

豊中の友人から3月28日の「日経ビジネス」に
韓国に比べて、
種苗費、肥料費は2倍。農薬は3倍。農機具は5倍。と、小泉進次郎が言ったと
あるそうです。
そうです、農機具はあほみたいに高いのです。
トラクターも500万、600万円します。

話が少しそれてますが、農民も儲からないようにできています。

尼崎で「アスベスト」事件が起きた時、
あんたら、せこい事して儲けたお金があるやろ。と
思ったものです。

今、私たち作業受託を請け負っている「専業農家」は
高い作業料をもらっています。
それは機械代が高いからです。
いつの世も、末端の民が一番「あかん」のです。

今日稲刈りが終わりました。
あと二日間籾摺りをしたら、今年の作業が終わりです。
ちよえちゃん、ご苦労様でした。
しかし
過労でもう限界です。・・・・・・・・・・・19:04

おはぎ喫茶

夕方は、痛みがひどく、パソコンの前に座るのが嫌になる。
そんなことで、昨日も書けませんでした。

ところで
このまま、すっきりは治らないかもしれない。
と思うようになってきた。だって3週間だ。
先生は、一か月かかるよ。と言われるけれど・・・・・
そこで
60歳から始めるつもりで「建てている」
喫茶を8年遅れて始めようかなぁ・・・・・・・・
と 思い出した。

始めたら好きになるかもしれない。
美味しいコーヒーがただで飲める。
をコンセプトに、感謝の人生を喫茶で始めようかなぁ・・・・

本当は、今までやって来た「農業」で
人生の最後を迎えたいが・・・・・・・

困ったなぁ・・・・・・

迷ってしまうなぁ・・・・・・・・

始めるなら、10月からだ・・・・・・・・・・・5:50
プロフィール

chiyoemy

Author:chiyoemy
兵庫県丹波市市島町で、専業主婦から一転、専業農家の道に入って20年。お米の販売や黒豆の販売。今年から、家庭菜園の部分を増やして「趣味」の農業を始めました。野菜さんに囲まれて「ハッピー」なちよえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード